ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Windows10のWindowsUpdateの自動再起動時間を設定する

自宅のWindows10はNECのツールが更新プログラムの管理などをしてくれるので、適用もそこで制御することができて勝手に再起動をさせない設定ができて便利ですが、OS標準の場合に、利用している時間に勝手に再起動をかけたくない場合の設定があります。


情報元はこちら。

Windows 10 でアクティブ時間を設定して、PC を使っていない時間に更新プログラムを入手する

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4027636/windows-10-get-updates-with-active-hours-in-windows-10 

 

以下は説明の抜粋です。

 

アクティブ時間を設定して、自分が普段 PC を使用する時間を Windows に知らせます。この情報は、PC を使用していない時間に更新や再起動をスケジュールするために使用します。

 

【手順】
①スタート ボタンをクリックし、[設定] 、[更新とセキュリティ] 、[Windows Update] 、[アクティブ時間の変更] の順に選びます。

②アクティブ時間の開始時刻と終了時刻を選び、[保存] を選びます。


普段利用している時間をアクティブ時間にすれば、使っている時間帯に再起動されることはなくなります。また、パッチを適用しないとゼロデイ攻撃を受ける可能性があるので、セキュリティパッチは早めに適用したほうがいいですね。ただし、たまにバグがあるので、困ることがありますが・・・。