ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

CentOS6 すべて、特定インターフェースにドメイン/DNSサフィックスを設定する方法

CentOSのサーバでWindowsドメインのサーバーにホスト名のみで名前解決させたいケースがあるかもしれません。そんな場合に、CentOS6 すべて、特定インターフェースにドメイン/DNSサフィックスを設定する方法を紹介します。

 

多くの場合はサービスLAN側で名前解決をさせて管理LANは名前解決させないもしくはhostsファイルなどで対処することが多いですが参考までに。


情報元はこちら。
https://unix.stackexchange.com/questions/193893/append-dns-suffixes-to-etc-resolv-conf


設定方法は「/etc/sysconfig/network」ファイルに次を追加します。

 

DOMAIN=example.com
または
DOMAIN="example.com sub.example.com"

 

ファイル内の設定は、/etc/sysconfig/networkすべてのネットワークインターフェイスに適用されます。通常、すべてのインターフェイスは同じドメインの一部であるため、このファイルにDOMAINまたはSEARCH設定を配置することをお勧めします。システムに複数のインターフェースがあり、検索ドメインがインターフェースの1つに対してのみ有効であるという異常なケースでは、設定をそのインターフェースの適切なファイル(例えば、)に入れます/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0。

domainそしてsearchディレクティブでresolv.conf相互に排他的です。彼らは、それをどのように正確に処理するかについて、上流で行き来しています。DOMAIN動作しない場合は、試してくださいSEARCH。

 

「/etc/sysconfig/network」に設定すると複数のIFを持っている場合は、すべてのネットワークインターフェースに反映されるそうです。また、複数IFがある場合でも、一つのIFしか使用しない場合は、個別に設定ファイル(例:「/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0」)に設定します。


おそらく複数のIFで適用するケースは少ないかもしれませんが、環境の要件に合わせて設定することになります。