ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

ActiveDirectory トップレベルドメインが別でもNetbios名の重複はできなずに別名になる

ADサーバを構築する場合に気を付けないといけないのがドメイン名ですね。少し前に話題になったのが「DNSマルチキャスト」で使用される「.local」です。マイクロソフトの推奨はユニークなドメイン名を使用することだとのことですが、この「.local」を使っているケースは少なくはないのではないでしょうか。

 

そして、タイトルになりますが気になったので検証をしてみたのですが、ActiveDirectory トップレベルドメインが別でもNetbios名の重複はできない別名になることがわかりました。


例えば、すでに「test.local」というドメインのADがいたとします。そして、トップレベルドメインを別にして「test.intra」とかに設定したいと考えた場合、トップレベルドメインは別ですが、Netbios名になる「test」部分が同じである為、そのまま追加しようとすると重複している内容がメッセージが表示されて、同一のNetbios名は設定できません。


なので別名にすれば設定できます。


ネットワークを完全に分離すれば同じ名前にすることも可能ですが、テスト環境などで完全にクローズドなら問題なさそうです。


ただ、本番環境の場合は、問題になる可能性があるので注意したほうがいいですね。後、NetBios名は必ずしも一番左にあるサブドメイン名である必要はないようです。


追加やすいように略字にしていることもありますし、NetBios名は柔軟に設計できるかなと思います。