ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

OracleDatabase12.1forLinuxの推奨スワップ領域サイズ

OracleDatabase12.1forLinuxの推奨スワップ領域サイズについて調べました。Oracleインストール用にOracleLinuxをインストールするとした場合、Linuxは以前からスワップ領域は、メモリの1.5~2倍という数字を言われてきていましたが、最近は、メモリのサイズが変わり、考え方も変わっているそうですが、未だに2倍のスワップ領域を設定することが多いです。


例えば、128GBのメモリだったら、256GBのディスクがいる計算になります。そもそも、そんなにスワップ領域として使ったら、パフォーマンスが落ちるし、設計自体がおかしいということになります。


と話を戻して、OracleDatabase12.1forLinuxの推奨スワップ領域サイズですが、オラクルのサイトから抜粋しました。


表4-3 Linuxスワップ領域要件

 

RAM スワップ領域
1から2GB RAMのサイズの1.5倍
2から16GB RAMのサイズと同じ
16GB超 16GB



最近は16GB以上のサーバを用意することが多いと思いますが、その場合のスワップ領域のサイズとして参考になります。多ければ多いほどいいというわけではないですね。