ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

インスタント袋めんの正しい作り方!麺は沸騰して投入、粉末スープは火を止めて

普段、節約のためにたまーに食べるインスタントラーメン。健康にあまりよくないイメージがあるので、しょっちゅうは食べませんが、節約になるのが便利です。


外食だと800円くらいかかりますが、インスタントラーメンだと100円くらいで済みますからね。そして、このインスタントラーメンですが、正しい作り方があるそうです。知らなかった。


情報元はこちら。
誤解も多く意外と知らない「袋麺」の作り方、基本の3原則


記事によると、インスタントラーメン専門のラーメン店を経営する大和イチロウ氏は、「作り方で意外と誤解している人が多い」とのことで、大和氏が袋麺の基本の作り方3原則を解説してくれています。


よくインスタントラーメンを食べる方は必見です。

 

「1に麺はしっかり沸騰したお湯に入れること。沸騰する前では水を吸ってしまい、旨味を引き出せません」



沸騰してから入れるのが重要とのこと。まぁ、これは守っていますね。


 2に、麺を箸でほぐすタイミングも重要だ。

「『茹で時間』の3分の2、例えば3分だったら2分経つまでは箸で麺を触らないこと。まだ硬い麺に箸を入れると、割れるなどしてそこから余分なお湯が入って旨味が逃げ出します。2分経って、麺がしなやかになったところでほぐせばモチモチの食感になります」

これも大丈夫ですね。あまり硬いタイミングで箸を入れる人は少ないと思います。
 3に、粉末スープを入れる前に火を止めることだ。

「粉末スープを入れた後にも煮込んだほうが味が染みて美味しくなると勘違いしている人が多いのですが、煮込むとかえって旨味が飛んでしまいます。袋麺をより美味しく作るには、この3原則を心がけましょう」


そして最後です。これは間違えてやっていました。。。よくスープで煮込んでいましたがダメみたいです。これやっている人は大んじゃないかな。


好きなインスタントラーメンって色々とあると思いますが、私がすきなインスタントラーメンの一つがチキンラーメン。家にある野菜を適当にカットして、最後に卵を入れてかき混ぜるのが私の定番です。


そして、このチキンラーメンをインターネットで買えるお店の最安値を探してみました。


調査に利用したのが価格.comです。


価格.comで一番安かったのは、375円で、よろずやマルシェ - 楽天市場」「ドラッグスーパー alude - 楽天市場とでした。



確かに価格は安いのですが、送料がかかってしまいます。ちなみに、送料無料にしようとしたら、4900円以上買わなければならないので、ちょっと厳しいですよね。


そこで便利なのが、SEIYUドットコムです。

西友 - SEIYUのネットスーパー | SEIYU

 

f:id:merrywhite:20210815031407j:plain



税別で378円なので、先ほど紹介した商品よりもちょっとお高くなりますが、1980円以上で送料無料になるので、使いやすいのではないかと思います。


私はよく、酎ハイを買うのに利用していますが、自宅まで届けてくれるのでとても助かります。


近所に安いスーパーがない方や、ちょくちょくインスタントラーメンを食べる方にオススメですね。インターネットで安いチキンラーメンを探していた方は、参考にしてみてください♪


また、SEIYUドットコムはインスタントラーメンなどに限らず、トイレットペーパーなどの生活用品も激安で売っているので、一緒に買えば送料無料にする事もできます。


月末お金がなくなる~という独身サラリーマンやお金のない学生さんなどに便利だと思います。


そして、このSEIYUドットコムをさらにお得に利用する方法があります。それは、いつもオススメしている”ハピタス”を利用する方法です。


ハピタスを経由して、いつもどおり購入するだけで、購入金額の「0.6%」のポイントがもらえちゃいます。


これからの時代、こういった便利なサイトを利用する事で、少しでもお得にショッピングできるようになりますので、是非、有効活用してみてください^^


ハピタス未登録の方はこちらから↓
※登録・利用は完全無料!

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス