ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

紫外線が気になる男性増加 真夏は男子も日傘で体感温度を下げる時代 老化対策


最近では、北海道で40度近い気温がでていて衝撃的ですね。年々暑くなっているのですが、まだ5月なのに信じられないくらい暑いです。これからあり得ないくらい暑くなるのが目に見えていますので、猛暑対策は必須です。


地元に戻ってきてから自転車通勤をしているんですが、夏場はとにかく暑いです。自転車に乗るだけでも汗がでるので、会社に到着したころには汗だくです。その為、タオルを持参するようにしていますが、最近は、自転車に乗っていると、傘をさしている男性が増えています。


日傘って女性のイメージでしたが、確かに男性でも利用していいと感じました。とそんなことを考えていると、昨年紹介しましたが、埼玉で日傘男子が広める動きをしているそうで、夏の自転車通勤にも暑さ対策にいいかもしれません。


女性であればいずれもマストアイテムと言えようが、男性の場合、一般的にはさほど気を遣わず、特に、日傘を差す男性を街中で見かけることは少ないとありますが、まさにそうですよね。

 

そして、紫外線が気になる男性増加しているようです。

「男性の日傘」8割の男性が肯定的 6割以上が「紫外線が気になる」 - ライブドアニュース

 

はじめに、「紫外線が気になりますか」と聞いたところ、64.3%の人が「気になる」と回答しました。これを年齢別で見ると、10代は65.5%、20代は59.4%、30代は61.2%、40代は70.9%という結果になりました。

 

「紫外線が気になる」と回答した人に「紫外線対策(UVケア)をしていますか」と聞いたところ、「通年、対策している」(14.2%)、「紫外線が強い季節だけ対策している」(38.9%)を合わせた53.1%の人が「対策している」と回答しました。これを年齢別で見ると、10代は54.7%、20代は57.1%、30代は53.5%、40代は47.9%という結果になりました。

 

紫外線は老ける要因のトップになっていて、ほんとうに気を付けたほうがいいです。

 

 

以下は日傘を使うメリットです。

 

▽【日焼け対策】紫外線を遮り、日焼けなどの肌ダメージを軽減
▽【光老化対策】紫外線を浴びることで引き起こされるシミ・しわ・たるみなどの肌老化や皮膚がんの発生を低減
▽【熱中症対策】強い日差しを遮ることで体温上昇を抑え熱ストレスを低減、熱中症を防ぐ。夏のマスク着用による熱中症リスクも回避
▽【汗の量や臭いの抑制】日陰を作り出すことで、涼しく感じ、発汗やその後の臭いの発生を抑制
▽【社会的距離の確保】傘を開くことで自然に周囲から社会的距離を保持(密にならない・ソーシャルディスタンス)



とうことで、今年も夏場はしっかりと日傘を活用しようと思っています。直射日光を受けるかどうかで、かなり体感が変わります。


また、日焼けは肌にもよくないので、なるべく直射日光は避けるようにしたほうがいいと思います。紫外線は皮膚の老化につながりますので、男性にしても、女性にしても、日傘をするのがおすすめです。