ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Windows Server 2016へ証明書サービスへのアップグレード後に証明書サービス (certsvc) が起動しない

Windows Server 2016へ証明書サービスへのアップグレード後に証明書サービス (certsvc) が起動しないという問題があるようです。Windows Server 2012 R2からアップグレードする場合は注意が必要です。

 

情報元はこちら。

証明書サービスが開始されない - Windows Server | Microsoft Docs

 

Microsoft サービスへのアップグレード後に証明書サービス (certsvc) が開始されない問題に対する解決策をWindows Server 2016。

適用対象: Windows Server 2016
元の KB 番号: 3205641

 

現象
Windows Server 2012 または Windows Server 2012 R2 から Windows Server 2016 への一時アップグレードを実行すると、Active Directory 証明書サービス (certsvc) が開始されない場合があります。 サービス管理コンソール (services.msc) からサービスを手動で開始しようとすると、次のエラー メッセージで試行が失敗する可能性があります。

 

Windowsコンピューターで Active Directory 証明書サービス サービスを開始できません。 エラー 1058: サービスが無効になっているか、またはサービスに関連付けられているデバイスが有効になっていないため、サービスを開始できません。

 

さらに、証明書サービス スナップインから Active Directory 証明書サービスを開始しようとすると、エラーが発生し、次のエラー メッセージが表示されます。

タイトル: Microsoft Active Directory 証明書サービス
サービスが無効になっているか、またはサービスに関連付けられているデバイスが有効になっていないため、サービスを開始できません。
0x422 (WIN32: 1058 ERROR_SERVICE_DISABLED)

 

注意

サービスの開始に失敗した場合、システム ログまたはアプリケーション ログにイベントは記録されません。
この問題は、さまざまな構成で発生する可能性があります。 たとえば、ドメイン参加、非ドメイン参加、Enterprise、スタンドアロン証明機関

 

 

回避策
この問題から回復するには、コンピューターを再起動します。 Active Directory 証明書サービスは、コンピューターの再起動後に自動的に開始されます。

 

状態
Microsoft は、「適用先」セクションに記載されている Microsoft 製品の問題を確認しました。

 

Windows Server 2019でこの問題が回避されているかは未確認になりますが、同様の事象が発生した場合は、再起動を実施してみてください。