ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Hyper-V マネージャー 2016 仮想マシンを削除してもフォルダ、VHD、VHDXファイが削除されない

仮想化基盤を長く構築していますが、最近、ようやくHyper-Vを操作することになりました。


自宅でも構築できるので、簡単に環境が準備できるメリットがありますが、Windowsなので色々と考えなくてはならないことがありますね。

 

Windows10でも構築できるので活用している方もいるかもしれません。


そして、操作していて気づきましたが、Hyper-V マネージャーから仮想マシンを削除してもVHD/VHDXファイルが削除されません。具体的には作成された仮想マシンフォルダ毎残ります。

 

その為、Hyper-Vの運用をこれから始めたという方は、手動で削除しないとデータが残ってしまうので、ディスク容量を圧迫する可能性があるので注意してください。


VMwareで言うと、インベントリの削除はできますが、データストアから削除はできません。SCVMMがあれば削除されるようですが、操作になれるのに時間がかかりそうです。