ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

ESXi 仮想マシンにVMwareToolsが未インストール状態だと静止スナップショットを作成できない

VMware Toolsをインストールするのは、ある意味必須で、たまに環境によってVMware Toolsが入っていないことがありますが、サポート対象外になるので、必ずインストールされていることを確認した方がいいです。


以前、クラウドサービスを利用していて、構築時に準備されたOS以外を利用した為、VMware Toolsがインストールされていませんでした。特に、クラウドサービスの場合、操作が限定される場合があるので、注意が必要です。


そして、VMware Toolsがインストールされていないと、色んな問題が発生することがあります。例えば、以下のような問題が発生します。

仮想マシンをシャットダウンできない(パワーオフは可能)
仮想マシンの静止スナップショットを作成できない
 

上記のような問題は、VMware Toolsが仮想マシンにインストールされていない場合に発生します。静止スナップショットが動作するためには、VMware Toolsがゲスト レベルで静止を実行する必要があります。 



以下は、VMware Toolsのインストール手順に関するKBです。

>>VMware Tools の一般的なインストール手順 (2053219)


VMware Toolsの標準的なインストール手順の抜粋です。

仮想マシンをパワーオンします。
②管理者権限または root 権限のあるアカウントを使用して仮想マシンにログインします。
③デスクトップがロードされて準備ができるまで待機します。
VMware 製品のユーザー インターフェイスで [VMware Tools のインストール] というメニュー アイテムを探します。通常これは、[仮想マシン] または [ゲスト オペレーティング システム] メニューにあります。
仮想マシン作成時に指定したオペレーティング システムに基づいて、VMware Tools を含む正しい ISO ⑥CD-ROM イメージが、仮想マシンの仮想 CD-ROM にマウントされます。
⑦選択したオペレーティング システムを表示または変更するには、VMware 製品によって異なる適切なメニュー コマンドを使用して、仮想マシンの設定を編集します。
⑧ゲスト オペレーティング システム内の CD-ROM から VMware Tools をインストールします。



後からVMware Toolsをインストールしようとすると、ゲストOSの再起動が必要になるので、初期構築時に必ずインストールするようにしましょう。