ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

引っ越し前と後で必要なガス、電気、水道、インターネットなどの準備まとめ

f:id:merrywhite:20200922092800j:plain

4月は引っ越しシーズンで、ドタバタしてる人も多いのではないでしょうか。私はこれまで、仕事柄、結構な数の引っ越しをしてきました。これまで賃貸物件を借りて住んだ事があるのは、千葉、仙台、神戸、福岡、広島です。他にも短期出張で色んな県に行ったこともあります。


ただ、引っ越しをする事って、それほど頻度がある訳ではないので、いざ、引っ越しをしなくてはならないとなった時に、意外と「何を準備しなければならなんだっけ?」と焦る事があります。


そこで、2015年に千葉から福岡に引っ越しをしたのですが、今回は福岡から地元の広島への引っ越しとなりました。今回も、そこで必要になった手続きなどを、備忘録として記載しておこうと思います。


多くの場合、対応が遅れても問題はないのですが、引っ越し先で困る事があるので、早めの対応が望ましいです。


【早めに対応した方がいいもの】

●入居先のインターネット回線工事依頼
一人暮らしでスマホだけつかればいいというケースは別ですが、我が家のように通信料が多い場合は、定額制のインターネット回線を準備することになります。福岡に住んでいる時は、大家さんが契約をしていたJ:COMを利用していましたが、今回はドコモユーザーということで、ドコモ光を契約しました。


ただ、このインターネット回線ですが、意外と時間がかかります。例えば、NTTの工事であれば、早くても2週間程度はかかります。これもシーズンや、マンション、一軒家で大きく変わります。マンションの場合は、すでに光の施設があれば、工事自体不要というケースもありますが、手続きが早いほうがいいでしょう。


繁忙期だともっとかかる場合があります。その為、早めに対応しなければ、インターネットがしばらく使えないという事態に陥る場合もあります。こういった理由から、回線依頼は、出来るだけ早く依頼した方がいいです。


また、引越しが頻繁にある方は、Wi-Fiルーターが便利です。私の同僚も引っ越しが多いので、回線をひかずにWi-Fiルーターを利用しています。

>>ギガ放題が新規契約で月額3,500円。キャッシュバック1万円!


ただし、有線のインターネット回線に比べると、速度はやはり落ちますので、ヘビーユーザーには向いてないですね。特に動画をよく見る場合や大容量のデータをダウンロードする場合は、有線のほうがいいです。


●引越し業者への依頼
引越し業者への依頼も早めに準備しておいたほうがいいです。特に繁忙期の場合、予約がいっぱいで日程を指定できない場合があります。2018年は引っ越し難民という言葉がよくでましたが、引っ越ししたくても引っ越しできないというケースがあったようです。


人によっては、予約すらできなくなる事もあります。結果的に、引っ越し可能日が伸びてバタバタになったり、希望日までに引っ越しができないなどの事態に陥いる可能性もあります。その為、引っ越し業者への依頼は早めにしておいたほうがいいです。


また、引っ越し業者を選ぶ場合、特にこの業者を優先的に使っているという事がなければ、引っ越し見積りを出すと価格比較ができて、費用を落とすことができます。

>>LIFULL引っ越し  


「LIFULL引っ越し(旧HOME'S引越し見積もり)」は日本最大級の不動産情報サイトHOME'Sが運営する引越し一括見積もりサイトです。



全国130社の中から簡単な入力で、無料で一括で見積もりがとれ、一番お得な引越し会社を選べます。

【引越し料金最大50%割引の3つの理由】
3つのポイントを組み合わせるだけで引越し料金が最大50%割引になります!

①LIFULL特典
②休日より平日がお得!
③時間を合わせて割引!


ちなみに、、、引っ越し費用を安くしたいなら、繁忙期を避けるのがベターです。繁忙期だと50万円っと言われて金額が、4月中旬だと10万円ちょっとまで下がりました。少なくとも繁忙期とそうではない時期は、半額くらいは軽く変わるのではないかと思います。

f:id:merrywhite:20200922092825j:plain


●幼稚園、保育園の退園/入園、転校などの準備
私は娘が小さいので、転校手続きはしたことがないのですが、幼稚園、保育園の入園手続きは早くした方がいいです。


同様に退園手続きも同様に、早めに対応しないと、申し込みが1か月前というルールがある場合があるので、注意です。私も、申し込みが遅れて、一月分の保育園代6万を徴収されてしまいました。


この金額は大きいので、結構、痛い出費になってしまいました(泣)。


というった事もありますし、引っ越し先の保育園は一杯で待ちになる場合があります。例えば、福岡に引っ越して、役所で確認したところ、4人の待機児童がいると言われたので、結果的に、幼稚園を選択しました。


こればかりは、早く申し込んでも、待機児童が多い場合は、保育園の入園は難しい場合があります。ちなみに、幼稚園は比較的、空いている場合が多いです。


ただし、預けられる時間が少ないのと、色んなイベントが多いので、女性はたいへんだと思います。ママ友の中でグループみたいなものがあって、派閥もあったりするそうです。。。


ちなみに小学校の場合は、転入手続きが必要になります。事前に入学予定の小学校に連絡して必要な手続きを確認してください。また、小学校以降の場合は、その学区の風紀のよさとか気になると思いますので、事前に調べておいた方がいいですね。特に慣れない地区だと、中学生がヤンキーが多い学校だったとなると、子供に悪影響になりかねませんので。

 



【1週間前には終わらせておいた方がいいもの】

●インターネット回線の解約
●プロバイダの解約

基本的に、インターネット回線とプロバイダの解約は別なので、ご注意ください。


そして、プロバイダの解約はオンラインですぐに完了できますが、インターネット回線の解約はモデムなどを返却しないといけないので、連絡が遅れそうな場合は、引っ越し先の住所に返却キットを送付してもらうといいでしょう。


ちなみに、ここはギリギリでもなんとかなります。ただ、解約日までの日割り計算で、支払いが発生します。


また、NTTの場合の注意点は、東西で会社が変わりますので、東西で引っ越しをする時は、ポイントサービスは使い切りましょう。今回はJ:COMでしたが、ちょうど契約更新のタイミングだったので違約金は発生しませんでした。ラッキーですね。


【1週間以内には終わらせておいた方がいいもの】

●公共サービスの解約/契約の連絡

引っ越し元、引越し先の地域の公共サービスの解約、契約の連絡をする必要があります。基本的には以下の4つ、もしくは、下水道と上水道が一緒になっている場合があるので、3つになります。

・電力会社
・下水道
上水道
・ガス

ちなみに、千葉の場合、水道料金と下水道料金は別でしたが、福岡は一緒になっています。これは住んでいる地方自治体レベルで違うのかもしれませんね。


また、この連絡もギリギリになっても大丈夫ですが、ガスは注意が必要です。引っ越し先でガスが使えないなどなると、真冬はお風呂に入れないなんて事になるので注意ですね。


電気と水道は連絡が遅れても使えるのでなんとかなります。ちなみに、公共料金の支払いはクレジットカードがオススメです。


人によってはクレジットカードはスキミングの可能性があるから、不安という人もいますが、公共料金の支払いであれば、普段、カードを持ち歩く事がないので、不安要素がなくなると思います。


私が利用しているカードは楽天カードで、貯まったポイントは楽天市場などで使えるので、オススメです。

楽天カードの申し込みはこちらから。最大で5~8,000ポイントもらえます!



楽天カードにしかりですが、後程紹介するポイントサイトのハピタスを活用すると、多い時で1万円近く稼ぐことができるので、便利です。また、回線契約も数千円~1万円以上稼げるので、二つ合わせると2万円以上稼げる可能性もあります。引っ越しはお金がかかるので、こういったサービスを活用することをおすすめします。


国民年金への切り替え
これはサラリーマンの方などに限定されるかもしれませんが、会社勤めで、転職を伴う引っ越しの場合は、厚生年金から国民年金に切り替える必要があります。


もちろん、会社が変わらない場合は不要です。


実は、国民保健の切り替えは意識していたのですが、国民年金の事は忘れていました。まぁ、私たちがもらう頃には、年金もどうなっているか分かりませんが、一応、義務なので支払いましょう。※最近は、国民年金保険料を支払わないと罰則が与えられるようになりましたし、放置しておくと勧告がきますので、年金は市民税などと同様にしっかりと支払う必要があります。


●国民保健への切り替え
これも会社が変わらなければ不要の作業ですが、転職を伴う場合は、切り替えが必要になります。


また、社会保険の場合でも、会社によってはそのまま継続する事ができる場合もありますので、状況に応じて相談してみることをオススメします。例えば、私は以前、[ITS]関東ITソフトウェア健康保険組合を利用していましたが、こちらは国保に切り替えずに、継続する事ができます。


小さい子供がいる場合は、病院を利用する機会が多いと思うので、切り替え期間があるのは嫌だという方にオススメの方法です。


今回は、サラリーマンに戻ったので、国民保険から社会保険へ変更になりました。その場合、手元にある国民健康保険のカードは役所に返還することになります。

 



●引っ越し荷物の箱詰め、片付け

これは本当に大変です。まず、荷物の段ボールへの格納ですが、引っ越し業者を使う場合は、段ボールは無料でもらえます。単身パックなどは自分で準備する必要がありますので、注意してください。


また、段ボールの箱詰め以上に大変なのが、掃除です。普段、動かさないものを動かすとほこり、カビなどがびっしりなんてことがあります。掃除もやることになりますが、かなり大変なので注意してください。我が家は荷物が少ないですが、この掃除も合わせて2日以上かかりました。


●冷蔵庫を空にする

これが意外と大変で生活はしなければならないので、ギリギリまで残っているということがあると思います。ただ、結局は捨てるものが多いので、おそらく数日前には処分していくことになると思います。よく質問などで、引っ越し時の冷蔵庫の中身はいつまでありましたかとありますが、おそらく冷蔵庫が最後まで残ることが多いのではないかと思います。

引っ越し費用を浮かす為のお得なポイントサイトの活用術


また、先ほども紹介しましたが、これらの引っ越しを少しでもお得にしたい方は、ポイントサイトの「ハピタス」がオススメです。


例えば、引っ越しの見積もりサービスでもポイントを貯める事ができちゃいます。

・引越し達人 セレクト
⇒一括見積り完了で900pt

ズバット引越し一括見積もり【引越し比較.com
⇒引越し無料一括見積りで 270pt

さらに、インターネット回線申し込みは、ポイントが高いので、かなりオススメです。

NURO光(ニューロ)
⇒新規開通で 13,000pt

 

楽天ブロードバンドWiMAX2+(WiMAX回線開通)
WiMAX回線開通で 2,500pt

 

・激安&高速光回線auひかり】
⇒回線開通で 3,000pt

etc


他にも色々と利用できるサービスがたくさんあるので、是非、チェックしてみてください。また、クレジットカードの発行なども数千円~数万円分のポイントがもらえるものもあるので、大量に稼ぐチャンスもります。


普段のショッピングなどでも利用できるので、活用してみてください!
 
ハピタス未登録の方はこちらから↓
※登録・利用は完全無料!
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス