ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

iPhone 11ProをiOS15ベータ版にアップデート後にsurfaceでテザリング接続できない WAP3が原因?

iPhone 11ProをiOS15ベータ版にアップデート後にsurfaceテザリング接続できないという事象があるようです。

 

情報元はこちら

iOS 15 beta causing problems with … | Apple Developer Forums

 

以下は質問の抜粋です。

 

iPhone 11ProをiOS15ベータ版にアップデートしましたが、個人のホットスポットに問題が発生していると思います。

 

私は田舎に住んでいて、まともな家庭用WiFiの選択肢はほとんどありません。私のオプションはDSLとsateliteです。過去8〜9か月間、私はiPhoneホットスポットをゲーム、ストリーミング、その他ほとんどすべてに使用してきました。私は何の問題もありませんでした、そしてそれは私にたくさんのお金を節約しました!

 

ただし、スマートフォンiOS 15ベータ版にアップデートした日、ホットスポットを接続するApple以外のデバイスは何もロードされません...たとえば、PlayStation 5は、ソフトウェアアップデートとゲームアップデートを非常に高速でダウンロードできます。ホットスポットに接続されていますが、オンラインでゲームをプレイしたり、ストリーミングサービスを利用したりすることはできません。接続が弱すぎると表示されます。同じことが、寝室のテレビに接続されているRokuにも当てはまります。これらは両方とも、更新する前に非常にうまく機能しました。

 

iPadホットスポットに接続すると、すべてが信じられないほど高速に読み込まれます。

 

私は私の電話サービスプロバイダーに連絡しました、そして彼らは私の携帯電話サービスが問題ではないことを私に保証しました。

 

バージョンアップで動作しなくなるというのはよくありますが・・・。

 

 

surfaceでも同じ問題が発生しているとありますね。

 

iOS 15にアップデートされたiPhoneには接続しませんが、iOS14.8を実行しているiPhoneには接続します。同じ結果で複数の電話をテストしました。pre ios 15は機能しますが、ios15は機能しません。

 

他にも

 

私のiPhone12Proでも同じ問題が発生します。iOS 15にアップデートしました。ネットワーク設定をリセットすると、2秒間ポップアップしてから消えました。Apple以外の製品に接続するには、古いiPhone11と古い14.7iOSを使用する必要があります 

 

Windowsラップトップでも発生するとあります。

 

ここでWindowsラップトップとiPhone12で同じ問題が発生します。 誰かがこれについてまだ何か情報を持っていますか?

 

 

iOS15がWPA3暗号化を備えたホットスポットwifi接続のみをサポートしていることが原因のようです。

 

解決

問題は、iOS15がWPA3暗号化を備えたホットスポットwifi接続のみをサポートしていることです。iOS15へのアップデートにより、iPhone / iPadは、古いラップトップが使用していたWPA2 / WPA暗号化のみを備えたデバイスへのホットスポット接続を許可しなくなります。

解決策-WPA3をサポートするWifiUSBアダプターを購入し、ラップトップのUSBポートの1つに接続します。あなたはそれらを40ドル以下で見つけることができます。

サーフェスPro 3台のラップトップ-デフォルトの無線LANドライバがWPA3接続を許可しません。しかし、あなたは、修正見ることができますアップルコミュニティは、
ドライバーが提案に従うことによって更新することができます。

 

15.2アップデートが最終的に問題を解決したとあるので、バージョンによっては動作するかもしれません。

 

アイ・オー・データ Bluetooth v4.0対応無線子機 433Mbps WPA3対応 日本メーカー WNPU583B