ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Samba 脆弱性 CVE-2020-27840 CVE-2021-20277 リモートより攻撃を受け、クラッシュするおそれ

Sambaで脆弱性CVE-2020-27840 CVE-2021-20277がでていて、リモートより攻撃を受け、クラッシュするおそれがあるそうなので、ご注意ください。

 

情報元はこちら

【セキュリティ ニュース】「Samba」に2件の脆弱性 - 早急に対処を(1ページ目 / 全1ページ):Security NEXT

 

「Samba」の開発チームは、2件の脆弱性を修正するセキュリティアップデートをリリースした。できるだけ早く更新を行うよう呼びかけているとのことです。

 

以下は抜粋です。

 

今回のアップデートは、域外のメモリに書き込む「CVE-2020-27840」や域外メモリを読み込む「CVE-2021-20277」が明らかとなり、対処したもの。AD DC LDAPサーバにおいてリモートより攻撃を受け、クラッシュするおそれがある。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは、「CVE-2020-27840」が「7.5」、「CVE-2021-20277」が「7.1」とレーティングされている。

アップデートとして、「同4.14.1」「同4.13.6」「同4.12.13」についてもリリースしたが、こちらは無視して最新となる「同4.14.2」「同4.13.7」「同4.12.14」へ更新するよう求めた。あわせてパッチについても用意。できるだけ早く更新を行うよう呼びかけている。

 

sambaについての公式情報はこちらです。

 

Samba - opening windows to a wider world

 

Samba 4.14.2 (4.14.1), 4.13.7 (4.13.6) and 4.12.14 (4.12.13) Security Releasesがでていますね。

 

BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WSR-1166DHPL2/N 11ac ac1200 866 300Mbps IPv6対応 デュアルバンド 3LDK 2階建向け 簡易パッケージ テレワーク 日本メーカー 【iPhone12/11/iPhone SE(第二世代) メーカー動作確認済み】