ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Windows Vista Service Pack 2の延長サポート期間がついに終了!お金をかけない処分方法紹介

f:id:merrywhite:20200822151417j:plain


これから新規でパソコンを買う方は、Windows 10になるケースが多いと思います。私も最近、パソコンを買い替えたんですが、Windows10いいですね。


そして、Windows Vista Service Pack 2の延長サポート期間がついに終了しました。元ネタはこちら。

サポート終了の「Windows Vista」、使い続けるとどうなる?


記事にもありますが、「Windows Vista Service Pack 2」の延長サポート期間が、4月11日で終了する。その後は、同OSに新たな脆弱性が発見されたとしても、セキュリティ更新プログラム(修正パッチ)が提供されなくなるありますので、注意が必要です。


そして、記事では、PCの保護に、MicrosoftではWindows 10を推奨とあります。
 Microsoftでは、Windows Vistaサポート終了についてのヘルプページ「Windows Vistaのサポートが終了します」を開設。「Windows Vistaのサポート終了とは何ですか。」「Windows Vistaを使い続けるとどうなりますか。?」「Windows Vistaを実行しているかどうかを確認する方法」「これからもコンピューターを保護するにはWindows 10を入手する必要がありますか。」などの項目で説明している。

 Microsoftによると、Windows Vista向けに提供しているウイルス対策ソフト「Microsoft Security Essentials」のダウンロード提供も、サポート終了と同時に停止する。すでに「Microsoft Security Essentials」がインストールされていれば、今後も一定期間、マルウェア対策のシグネチャの更新が提供されるという。

なぜかWindows標準のウイルス対策ソフトが引き合いに出されていますが、、、

なお、サポート期間が終了しても、Windows Vista搭載PCを使用し続けること自体は可能だという。しかし、最新の修正パッチが提供されないPCでは、たとえウイルス対策ソフトが稼働している環境でも、その有効性が制限され、ウイルスやマルウェアのリスクが残るとしている。

ここにもある通り、マルウェア感染は可能性がたかくなります。中国にボットネットが多いのも、XPを使っているユーザーが多いと言われていますので、注意が必要です。
 


Windows VISTAを持っているユーザーは、、、と考えますよね。


そこで、もう使っていないVISTAが家にある方などにオススメなのが、”ジャンクワールド”です。

>>中古パソコンショップ ジャンクワールド


”ジャンクワールド”は、年間3万台の販売実績を誇るオンラインの中古パソコンショップです。


1万円台のノートパソコンなど、激安のパソコンを購入する事ができる、とにかく安いパソコンを探している方にオススメのショップです。



そして、この”ジャンクワールド”では、VISTAに関するキャンペーンを開催しています。


以下はキャンペーン内容です。

”Windows10発売真近!!Vista搭載パソコンなんでも1000円買取りキャンペーン開催”
Windows Vista搭載パソコンならなんでも1000円で買い取りします。
動かなくても大丈夫!
 
箱に入れてヤマト運輸で送るだけ。
だから日本全国受付可能で、ついでに送料は着払いで結構です。
箱の中に振込先の口座番号を記入した紙を入れて頂くだけで
到着次第お振込いたします。”



家に動かない、もしくはジャンクのVISTAがある方は、このタイミングでVISTAを買取してもらうのもありですね。


そして、もちろん、データは専用施設で完全消去してくれるので安心です。

 
基本、無料でリサイクルにも出せますが、少しでもお金になる方がお得だと思います。


格安の中古パソコンを探している方や、不要なパソコンをお得に処分したい方は、”ジャンクワールド”を活用してみてください♪

 

>>中古パソコンショップ ジャンクワールド