よろづやアンテナ

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

VMware vCPU ホットプラグが有効な場合、vNUMA が無効になる

VMware vCPU ホットプラグが有効な場合、vNUMA が無効になる動作のようです。

 

よってパフォーマンスに影響します。

 

CPUのホットプラグを有効にしているケースはあんまり知らないですが。

 

詳細
仮想マシンの [設定の編集] ダイアログで [ CPU ホット アドを有効にする]を選択すると (vmx オプション: [ vcpu.hotadd = true ])、仮想マシンの vNUMA が無効になります。その結果、基盤となるハードウェアのいずれかの NUMA ノード (または " numa.vcpu.preferHT = true" が設定されている場合はスレッド) のコアよりも多くの vCPU を使用して仮想マシンが作成された場合でも、仮想ノード (VPD) は 1 つだけになります。 VM に提示され、複数の結果の NUMA クライアント (PPD) にインターリーブされたメモリ。ESXi 6.7以降では、 vmware.log


に次のように表示される場合があります。

 

<datetime> vmx| I125: numa: Hot add is enabled and vNUMA hot add is disabled, forcing UMA.

Alternatively in ESXi 6.5 and earlier:

<datetime> vmx| W110: NUMA and VCPU hot add are incompatible. Forcing UMA.

 

 

 

解決
なし。vCPU ホットプラグを使用する予定がない場合は、有効にしないでください。ワークロードで必要になる可能性のある最大 vCPU を追加します。まれに、vCPU ホット プラグが必要な場合は、vCPU の最大数を物理 NUMA ノード コア数未満に制限して、仮想マシンを単一の NUMA ノードでスケジュールできるようにしてください。


vCenter UI へのログイン


VM の電源をオフにして、[Enable CPU Hot Add] のチェック ボックスを編集します。


仮想マシン (centos8) > [アクション] > [設定の編集] > [仮想ハードウェア] を選択し、[CPU] > [CPU ホット プラグ] を展開します。 


無効にする ボックスのチェックを外す CPU ホット アドを
有効 にする 有効にする チェック ボックスをオンにする CPU ホット アドを有効にする

 

「情報元」

vCPU ホットプラグが有効な場合、vNUMA が無効になる (2040375)

https://kb.vmware.com/s/article/2040375?lang=en_us

 

バッファロー マウス 無線 ワイヤレス 5ボタン 【戻る/進むボタン搭載】 小型 軽量 節電モデル 最大584日使用可能 BlueLED ブラック BSMBW315BK