よろづやアンテナ

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

サーモス スープジャーポーチ RET-001 BK 併用でランチ時間もぬるくならず熱々が楽しめておすすめ

これからの季節はアツアツのものが美味しいですよね。今はランチは外食になっていますが、やっぱり節約ならお弁当です。

 

個人的にお弁当のデメリットは冷めていることですが、スープジャーがあれば熱々を楽しめます。

 

その熱々ですが、お昼ごろになると少しぬるくなることがあります。そこで、サーモス スープジャーポーチ RET-001 BK 併用でランチ時間も熱々が楽しめておすすめです。

 

サーモス スープジャーポーチ ブラック 300~500ml用 RET-001 BK


商品の説明
サーモス 真空断熱スープジャーを持ち歩くのに便利なポーチ
●断熱材は保冷効果の高いアイソテック2 断熱構造
●背面にはサーモス フードコンテナースプーン(APC-160)・スプーン ハシ セット(CPE-001)がすっぽり収まるポケット付き

質感の良い、柔らかい生地
※写真はイメージのため、ご選定の型番によってカラーや形状が異なる場合がございます。

カトラリーが入る便利な背面ポケット付
アイソテック2断熱構造
さらに保温・保冷力がアップするので、食べごろ温度をキープ。

 

適応サイズ
サーモスの真空断熱スープジャー専用ポーチ。

 

 

続いて、実際に購入した方のレビューです。

 

「初めはスープジャーだけで使ってたのですが、6時間後に食べる頃には少し冷めてしまってて、熱々が好きな私には少し残念な気持ちだったのですが、ポーチに入れると
満足出来る(猫舌さんだとまだ熱いかなぐらいの)温度が保たれてました。
〔熱湯でジャーを数分余熱し、熱々のスープを規定線まで注ぐ〕
正直、そこまで保温効果を期待してなかったので、うれしかったです。
400のサイズで少し蓋の部分に余裕があるので、小さ目のおにぎりも入る感じです。
赤のジャーにベージュのポーチが合って可愛いです。
でも、ほんとはジャーと同色の赤が欲しかったです。」

 

「レビューを参考にサーモスのスープジャー400mlと一緒に購入しました。
少し余裕がある程度でほぼピッタリです。
雑貨屋で購入した木製のスプーンを一緒に入れる余裕程度はあるといった感じです。
希望通りの大きさで快適に使えています。
朝仕込んで4時間後くらいに職場でお昼ご飯にオートミールスープを食べていますが、猫舌の私はアチチとなるくらい保温力があると思います。」

 

「スープジャーのJBR500を入れて使っています。ちょうどいい大きさで鞄にも入れやすいです。これから冬に向かって保温力にも期待します。」

 

私も熱々が好きなのですが、少しでも熱々のスープ、味噌汁が楽しみたい方におすすめです。

 

真空断熱スープジャーを入れて持ち歩くのに便利なポーチ。スープジャーの保温力がアップします。
背面にはサーモス フードコンテナースプーン(APC-160)・スプーン ハシ セット(CPE-001)がすっぽり収まるポケット付き
適応スープジャー容量:0.3L以上~0.5L以下
サイズ(約):幅11.5×奥行11.5×高さ16cm
素材・材質:外生地/ナイロン・ポリエステル、内生地/ポリエステル、クッション(断熱材)/ポリウレタン・発泡ポリエチレン・ポリプロピレン不織布