ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Windows10 Antimalware Service Executable、DefenderでCPUの高い使用率が100%で動作が重い

Windows10 Antimalware Service Executable、DefenderでCPUの高い使用率が100%で動作が重いという事象がありました。

 

Windows Defenderは動作が重くなる印象がありましたが、アップデートで改善したり、再発したり・・・。

 

参考になりそうな情報がありました。

 

High CPU usage by Antimalware Service Executable > Microsoft Defender, when Windows Firewall turned off

https://answers.microsoft.com/en-us/windows/forum/all/high-cpu-usage-by-antimalware-service-executable/4f6f635a-b3ad-444c-8cd0-68fb1e9f4bfa

 

===

Windows 10 Proエディション、64ビット、バージョン20H2、OSビルド19042.1466、HP ENVY 17ラップトップ、プロセッサーIntel(R)Core(TM)i7-10510U CPU @ 1.80GHz 2.30 GHz、32.0GBRAMを使用しています。

 

「AntimalwareServiceExecutable>Microsoft Defender Antivirus Service」のCPU使用率が高いことに気付きました(常にCPU使用率の40〜70%)。

 

私はオンラインで読んだのですが、これはWindows Defenderをオフにすることで修正できます(他のウイルス対策ソフトウェアがインストールされています)。

 

ただし、Windows Defenderをオフにしても、「Antimalware Service Executable> Microsoft Defender Antivirus Service」は、43.5%のCPUでタスクマネージャーに表示されたままになります。これにより、PCの速度が大幅に低下していると思います。CPU使用率の合計は97〜99%になりました。

===

 

 

===

https://answers.microsoft.com/en-us/windows/forum/windows_10-update/antimalware-service-executable-high-disk-memory/cc35dee2-032c-4e39-a04d-9a94c7964b0d

 

Antimalware Service Executableは、WindowsDefenderのバックグラウンド実行サービスの1つです。 Antimalware Service Executableは、マルウェアスパイウェアにアクセスしたときにそれらをスキャンするために実行されています。PCに有害なものがあるかどうかを検出します。それ以外に、ウイルスやワームがないかシステムのバックグラウンドスキャンも行います。そのスキャンはコンピューターのCPUに大きく依存しているため、Windows 10のCPU使用率を消費していることがわかります。これを並べ替えるには、次の手順に従うことをお勧めします。 

方法1:WindowsDefenderのスケジュールを変更する

このエラーは、主にリアルタイム保護機能が原因です。手順に従って、WindowsDefenderのスケジュールを変更して修正してください。

キーボードで、  Windowsロゴキーと R を同時に 押して、[実行]ボックスを呼び出します。taskschd.msc と入力し、 Enterキーを 押し ます。
[タスクスケジューラライブラリ]  >[  Microsoft ]  >[  Windows ]をダブルクリックし ます。
WindowsでWindowsDefender を ダブルクリック します。次に、[ WindowsDefenderスケジュールスキャン]をダブルクリックします 。
[最高の権限で実行]のチェックを外し ます。
[条件]セクション のすべての項目のチェックを外します 。次に、[  OK ]をクリックします。
方法2:WindowsDefender除外リストに実行可能なウイルス対策サービスを追加する

キーボードで、  Windowsロゴキー とI を 同時に押して、[設定]ウィンドウを開きます。
[ 更新とセキュリティ]をクリックします。
WindowsDefenderをクリックし ます。次に、[ 除外]で[除外を 追加]をクリックします 。
[  .exe、.com、または.scrプロセスを除外する]をクリックします
MsMpEng.exe と入力します。次に、[  OK ]をクリックします。
PCを再起動して、問題が解決するかどうかを確認します。

===

 

===

Microsoft以外のサービスをすべて無効にしてから、それらすべてを再度有効にしました。これでうまくいき、「Antimalware ServiceExecutable」のCPUは2.7%になりました。(他のすべての提案は機能しませんでした。)

===

 

===

私はアレンです。私もWindows10ユーザーであるのと同じ問題「Windows10でのウイルス対策サービス実行可能ファイルの高CPUの問題」を経験したことがありますが、簡単な手順で問題が発生します。これをあなたと共有したいと思います。

問題を解決するために、以下に説明する簡単な手順に従うだけで、何もする必要はありません。

レジストリエディタでWindowsDefenderを無効にします。

WindowsDefenderのスケジュールを変更する

解決プロセスについて詳しく知りたい場合は、次のサイトにアクセスしてください。-

https://www.globalmagzine.com/fixed-antimalware-service-executable-high-cpu-issue-on-windows-10/

===

 

いくつか解決策がありましたが、Antimalware Service Executableを停止するのが最良なのかは疑問ですね。。。

 

INIU モバイルバッテリー 10000mAh (大容量 最軽量 小型 3台同時充電)【USB-C入出力ポート PSE認証済 LEDライト付き 低電流モード搭載】携帯充電器 薄型 アウトドア/災害/緊急用の便利グッズ モバイル・バッテリー iPhone 13 Pro Max 12 11 X XS iPad AirPods Pro Samsung Xiaomi OPPO Sony Xperia など各種対応