ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

CD劣化問題 寿命は10年から30年?保存方法を間違えなければで30年以上前のB'zのCDは未だに聴ける

CD劣化問題というのがネットニュースで話題になっていました。

 

こちら、

貴重な記録と思い出を失わないために…今こそ向き合いたい「CD劣化問題」 - ライブドアニュース

 

 実はCDの寿命は、10年から30年と言われています。そして、つぶやきにもある通り、taraさんがTwitterに投稿したCDは、1980年代に海外で生産されたもの。つまり、多めに見積もったとしても、既に寿命を迎えてしまっています。

 ところで、CDの生産枚数が最多だったのは、2000年の2億7000万枚(日本レコード協会調べ)です。1990年代は、「ミリオンセラー」という言葉を頻繁に耳にするほど、CDという存在が社会に強い影響を与えた全盛期でした。それを鑑みると、taraさんが今回遭遇した出来事は、今後多くの家庭で起こりうる可能性が高い話しです。

 CDが劣化する理由には、いくつかの原因があります。「スポンジの結着」「湿度」「直射日光」「傷」などです。

 緩衝材として、2枚組で売られているタイプで内包されているスポンジですが、これはあくまで運送の際の破損を考慮してのもの。普段使いをする際には不要になるのですが、廃棄を怠った結果、湿気などで加水分解がなされて、CDに結着するという事象が生じています。ちなみにtaraさんの投稿したCDも同様だったそうで、後の投稿では、父が以前に取り除いた形跡を報告しています。

 

CDの寿命が10年~30年とありますが、、、さすがに10年は短い気がしますね。自宅に昭和の懐かしい30年クラスのCDがいくつかありますが、全然、普通に聴けます。

 

 

今回、参考になるのはこの保存方法でしょうね。。。確かに昔、傷づかないようにあえてスポンジを挟んでいたような・・・。

 

緩衝材として、2枚組で売られているタイプで内包されているスポンジですが、これはあくまで運送の際の破損を考慮してのもの。普段使いをする際には不要になるのですが、廃棄を怠った結果、湿気などで加水分解がなされて、CDに結着するという事象が生じています。ちなみにtaraさんの投稿したCDも同様だったそうで、後の投稿では、父が以前に取り除いた形跡を報告しています。

 

仮に、10年~30年で自然劣化して使えなくなるのなら今の中古ショップのCDは1980年ものはほぼ全滅ですからね・・・。

 

とは言え、かりに大事な思い出が詰まっている場合は、データの移行なども考えたほうがいいかもしれません。

 

BUFFALO NAS スマホ/タブレット/PC対応 ネットワークHDD 2TB LS210D0201G 【エントリーモデル】