ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

IPv6プラスで電波の通りもいいと評判 NEC 無線LANルータ Aterm PA-WX5400HP WiFi6対応で快適

少し前にもアップしましたが、Wi-Fiルータとして購入した場合の注意点は、IPv6に対応しているかどうかです。

 

若干専門的なところもあるので、気づかずに購入する方もいるかもしれません。

 

下手に買うと安物買いの銭失いになってしまうかもしれません。私がまさにそうです。そこそこ速度がでればいいやとNECWi-Fiルータを購入しましたが、IPv6プラスに対応していなくて、通信が遅いという悩みがありました。

 

家族からも無線が遅い、オンラインゲームが止まるなど苦情が出ていて、夜間はすいすいなのですが、日中帯はやばかったので、買い替えました。

 

1万円を超えるとスペック的にもかなり満足できます。私はここ3世代くらいNECのものを使っていますが、その中で、IPv6プラスで電波の通りもいいと評判 NEC 無線LANルータ Aterm PA-WX5400HP WiFi6対応で快適でおすすめです。

 

NEC 無線LANルータ Aterm ブラック PA-WX5400HP



NEC PA-WX5400HP 無線LANルータ Aterm ブラック
発売日:2022年2月10日

●Wi-Fi6 プレミアムモデル Wi-Fi6メッシュ中継機能搭載 4送信×4受信(5GHz)+4送信×4受信(2.4GHz)

●各種IPv6方式 「IPoE」「IPv4overIPv6」「DHCPv6-PD」に対応
各種IPv6方式対応で豊富な通信サービスに対応「v6プラス/transix/IPv6プラス/OCNバーチャルコネクト/クロスパス/v6コネクト」

NEC独自技術「ワイドレンジアンテナPLUS」搭載で全方位に電波を放射!

●ネットワーク環境を守る強固なセキュリティー!
「WPA3」「リモートワークWi-Fi」「ホームネットワークリンク」「トレンドマイクロホームネットワークセキュリティ(最大90日間無料)」

●複数同時接続で威力発揮!11ax最新技術「OFDMA」「MU-MIMO」で安定感UP

 

【仕様】
WANインターフェース
・インターフェース:1000BASE-T/100BASE-TX(Auto MDI/MDI-X対応)×1
・伝送速度:1Gbps/100Mbps 全二重/半二重
LANインターフェース
・インターフェース:1000BASE-T/100BASE-TX(Auto MDI/MDI-X対応)スイッチングHUB×4
・伝送速度:1Gbps/100Mbps 全二重/半二重
無線LANインターフェース:無線LAN規格 Draft IEEE802.11ax/IEEE802.11ax/IEEE802.11ac/IEEE802.11n/IEEE802.11a/IEEE802.11g/IEEE802.11b
ヒューマンインターフェース:状態表示ランプ×11 SETボタン×1 RESETボタン×1 RT/BR/MAモード切替スイッチ×1 保守ボタン×1
利用プロトコルTCP/IPプロトコル
電源:AC100VC±10% 50/60Hz (ACアダプタ)
動作環境:温度0〜40℃ 湿度10〜90% (結露しないこと)
外形寸法(W×D×H):約46.5×180×180mm
質量:約0.6kg※本体のみ

 

 

続いて、実際に購入した方のレビューです。

 

PA-WG2600HP3を1年少々利用、スピードは2階の自室で150Mbps程度出ていたので問題なかったのですが、何故かWiFiがつながらないというクレームが子供達(4人)から頻発するように。 特定のスマホWiFiを切断すると他のWiFiもつながるように。端末台数(登録は20台以上)か?と推測。さらに宅内のTV配信で途切れが頻発(こちらは”Aterm病”を疑い、パラメーター設定変更で解決)、ちょうどWX5400HPの発売日に購入/導入しました。 単純に2600HP3と置き換えたところ 特定サイトにつながらないという問題が発生、1週間かけて対応したところ NTT東のHGWの交換で解決(理由は不明)。 (Atermのサポートメイルにも対応して頂きました。)あまり期待はしていなかったのですが、2階自室で350Mbps程度(有線では700Mbps程度)、それまでの倍程度のスピードが出るように。 Atermシリーズは外部アンテナもなくすっきりしているのがよいですね。 この1週間問題は起きていないので☆5とします。」

 

「WiFi6ルーターのミドルクラスの定番?

子供たちが教育端末を持ち帰ってくるのでキャパが足りなくなりWG2600HP2からの買い替え。WG2600HP2は外れ個体だったのか5G帯の電波が弱く不安定でしたがWX500HPはaxに対応している関係もあるのか同じ配置にしても電波の通りは非常によく感じました。ブリッジモードで使用しているためトレンドマイクロホームネットワークセキュリティの評価はしません。WG2600HP2と比較すると設定画面に大きな変化はありませんが子機の接続制限がMACアドレスフィルタリングから見えて安心ネットに一本化されたようです。ネットワーク図機能から有線無線共に変な端末がぶら下がってないかチェックできていいと思います。今のところ各周波数帯の電波出力と速度は安定しています。同時接続台数が多くても安定しているので更新した甲斐があります。」

 

私はこの一つ上のグレードを持っていますが、ちょっとお値段がはるので、1万円弱で購入したい方はこちらもありですね。

 

ルーターとして利用するなら、こちらはミドルクラスで選択肢の一つになりそうですね。