ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Chrome、ブラウザの検索サイト、表示内容が先祖返り、勝手に戻った原因はWindows11の稼働デスクトップ

最近、何気に自宅のパソコンを触っていて、基本的にはブラウザを見ていることが多いのですが、あれ、検索していたサイトだったり、表示内容が先祖返りというか、数週間前に開いていたサイトや表示結果に戻る事象がありました。

 

当然、グーグル先生で調べましたが、キーワード的にもヒットせず。

 

ということで、謎のバグのような動きをしているなと思っていましたが、そこまで気に留めていませんでした。

 

しかし、あることに気付いたのですが、使っているアプリケーションのアイコンがタスクバーに表示されません。

 

「隠れているインジケーターを表示します」の上矢印をクリックするとでてきます。

 

これはなんだろうと・・・疑問に思いましたが、不便ながらそのインジケーターからクリックしていました。

 

そして、これはアプリを開きすぎなのが原因なのかと思い、不要なアプリを落としていきましたが、なぜか表示されず。

 

これはおかしいと思い、右から順番にチェックをしていくと・・・。

 

 

デスクトップ1、デスクトップ2というものを発見。

 

もしやと思ったら仮想デスクトップが原因でした・・・。

 

ここに詳しく書かれています。

ASCII.jp:Windows 11、「仮想デスクトップ」機能がさらに使いやすくなった!

 

Windows 11では、仮想デスクトップ機能が強化された。仮想デスクトップとは、仮想的にマルチディスプレーを使っているように、複数のデスクトップを利用できる機能のこと。「タスクビュー」アイコンを押して、仮想デスクトップを追加したり、切り替えられる。例えば、1画面目には仕事で使うアプリを起動しておき、2画面目にはゲームなどプライベート用のアプリを起動しておくといった使い分けが可能になる。

 

そう、ここでびっくりしました。

 

「新しいデスクトップ」をクリックすると、「デスクトップ2」が追加される。追加されたサムネイルをクリックすると、「デスクトップ2」に切り替わる。「デスクトップ1」で表示していたアプリが消えるので、驚くかもしれない。もちろん、「デスクトップ1」のアプリは起動したままなので、仮想デスクトップを切り替えればすぐに表示し、利用できる。

 

便利機能ですが、知らないとびっくりしますね・・・。

 

確かに便利で作業環境をわけられるのはいいですね。いいことを知りました。初心者のような驚きですが、同様にあれっと思った方はチェックしてみてください。

 

Focustar 電気ケトル ポータブル トラベル 電気ケトル 小型 0.3L 旅行用 110V 5分急速沸かし 空焚き防止 真空断熱 漏れない 水筒 電気ポット 電気温水カップ ステンレス コーヒー 紅茶に使用 一人用