ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

若者のクルマ離れの考察に、自動車税と維持費の高さ。駐車場代も決して安くない

 

若い者の車離れというキーワードを職場で聞いたことがあります。同様に時計に興味を示さなくなかったという話もありました。

 

たしかに昭和世代の私の友達は車を学生時代から持っていましたね。では、今の若い人が車を持たないのは、時代の流れによるものではないでしょうか。

 

まず、車を持つことやそういったものを持つことをステータスとしなくなったのではないでしょうか。おそらく、バブルを経験した方は、そうかもしれません。

 

今は、出費に関して消極的な人が増えているのではないかと思っています。

 

そして、考察がネットニュースに書かれています。

「若者のクルマ離れ」の原因について考察が話題「維持費が高すぎて…」 - ライブドアニュース

 

通知書に記載された額面は39500円。これを高いととるか安いととるかは人それぞれだが、自動車の維持にはこのほかにも駐車場代やガソリン代、諸々のメンテナンス代がかかることを考えると、あえて自動車を持とうとする若者が減ってしまうのも無理ない話だ。うちをさんの投稿に対しSNSユーザー達からは


「就職し、手取り14マソ前後の概算だと、軽すら持てなさそうなんですよね…
自分は釣りをしないと死ぬ病なので、車に金を払うだけの生活ができそうにない…」
「また、その時期が近づいてくる!今年はその後に車検というものも付いてくる!もっと安くならんものか!」
「やはり維持費だよねえ・・・。雪国は普通の維持費の他に、冬用ワイパーと冬用タイヤ等々の雪国用の装備も必要なので、更に嫌になるw」
自動車税というより自動車に係るお金が高すぎるのですよね。自動車を買うだけならまだしも、そのあとの維持費が高すぎて…」

 

維持費が高いというのが理由ですと。確かにそうですね。

 

 

私も車は持たないようにしていますが、生活に困ることはありません。たまに家族で移動する場合はタクシーを使いますし、長距離だったらレンタカーです。

 

こちらに年間でかかるお金が詳しく書かれています。

https://www.cosmo-mycar.com/column/car-erabikata/kurumanoijihi/

 

車種    軽自動車
N-BOX
(重量890kg、総排気量660cc)想定
普通自動車
アクア
(重量1100kg、総排気量1496cc)想定
自動車税(種別割)※1    10,800円/年    30,500円/年
自動車重量税※2    9,900円/3年    36,900円/3年
自賠責保険※3    19,730円/2年    20,010円/2年
車検代※法定点検含む    70,000円    100,000円
消耗品等    30,000円    50,000円
駐車場代※4    200,000円    200,000円
ガソリン代※5    48,150円/年    34,210円/年
任意保険料※6    45,000円/年    75,000円/年
434,990円    548,160円

 

軽自動車で40万円を超えるとあります。。。

 

私の近所はもっと駐車場代が高いので、50万円近くになります。手取りから考えるとひと月分は軽くなくなります。

 

おそらく若い人なら手取り2~3か月くらいになるのでは???

 

購入費からさらにこんなにお金がかかるのは無理ですよね・・・。ということで、地方などで車がないと困るとかではなければ、車を持たないことも選択肢かもしれないですね。

 

これだけ現実的な数字を見ると、どうしても車は持てないですね。同様に、お酒の飲みすぎや、たばこなども年間でかなりの金額になりますので、家庭を持つと、節約のために・・・と考えることが増えます。

 

買わない暮らし。 片づけ、節約、ムダづかい……シンプルに解決する方法 (大和出版)