ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Dell PowerEdgeサーバ 電源の停止、起動、再起動を繰り返す場合の放電

以前、Dell PowerEdgeサーバ 電源の停止、起動、再起動を繰り返す事象が発生したことがあります。

 

状態的にはサーバが起動しますが、起動しきらずに停止して、また起動するということを繰り返します。

 

そのため、ネットワーク的には通信断を繰り返しているように見えます。こういった事象の場合、ネットワーク機器や、電源周りの原因で発生することがあるようですが、まずは試して改善することがある処置として、放電があります。

 

基本は不具合が発生したらサポートへ問い合わせが間違いないですが、サポートがない場合などで、状態が改善しない場合に、試してみるといいかもしれません。

 

情報元はこちら

PowerEdgeサーバをリセットして電力を放電する方法 | Dell 日本

 

 

===

PowerEdgeサーバをリセットして電力を放電する方法
概要: ハードウェアの問題が発生した場合に最初に試すことは、サーバをリセットしてリスタートすることです。この文書では、リセットとハードリセットの違いについて説明します。

 

ハードウェアの問題が発生した場合に最初に試すことは、サーバーをリセットしてリスタートすることです。この記事では、リスタート、リセット、およびハード リセットの違いについて説明します。
 
エンタープライズ コンポーネントは、24時間365日電源が入っている状態を維持するように設計されていますが、問題が発生したときは、デバイスをリセットすることで問題を解決できる場合があります。リセットには3つのレベルがあります。

 
再起動:デバイスをリスタートするには、通常の手順に従います。

リセット:デバイスがどのコマンドにも応答しない場合は、電源ボタンを10秒間押します。電源が切れ、デバイスがリスタートします。

ハード リセット:一部のコンポーネントにはまだ電力が供給されており、リセット時に再起動しません(例えばiDRAC)。上記の2つの手順で問題が解決されない場合や、一部のコンポーネントが応答しない場合は、ハード リセットを実行することをお勧めします。

1.サーバーの電源を切ります。  
2.サーバーをすべての電源ケーブル、ネットワーク ケーブルから外します。 
3.電源ボタンを10秒間以上押し続けます。  
4.電源ケーブルとネットワーク ケーブルをシステムに挿入します。  
5.サーバーに電源を投入するまで約2分待ち、iDRAC時刻を初期化します。 
6.電源を入れます。 

===

 

それほど難しい作業ではないので、同様の事象が発生した場合は試してみるといいかもしれません。

 

【2022年Bluetooth5.2 ENC搭載】Bluetooth イヤホン ワイヤレスイヤホン Hi-Fi 自動ペアリング 瞬時接続 低遅延 ブルートゥース イヤホン 36時間連続再生 AAC/SBC対応 タッチ簡単操作 Type‐C急速充電 ENCノイズキャンセリング機能 マイク内蔵 ハンズフリー通話 ぶるーとーすイヤホン IPX7防水 快適装着感 片耳/両耳 左右分離型 音量調整 Siri対応 ビジネス/WEB会議/通勤/通学/スポーツ 日本語取扱説明書付き (ホワイト)