ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

WindowsサーバでTeraTeamの設定をユーザ、プロファイル毎に設定、管理する

複数で作業をする場合に、よくWindows Serverを踏み台みたいにして、リモートデスクトップ接続経由で利用することがあるかと思います。

 

その場合に、作業環境はユーザー毎にプロファイルを作成して利用することがあるかと思います。

 

ドメインに参加していれば、そのまま資格情報を利用して接続することも可能です。この辺りは、作業環境によって変わってくると思います。

 

そして、ネットワーク機器やLinuxなどのサーバに接続する際にSSH接続する場合のソフトはTeraTermを利用することが多いかと思います。

 

その場合、複数のユーザーでTeraTermを利用すると、別のユーザーが設定した設定が共通となってしまいます。

 

例えば、別の人がWindowsServerにログインしてTeraTermの画面設定や文字の色などを変更して保存すると、別のユーザーにも影響してしまいます。

 

そこで、WindowsサーバでTeraTeamの設定をユーザ、プロファイル毎に設定、管理する方法について調べてみました。

 

 

情報元はこちら

 

Tera Term 設定ファイル

https://ttssh2.osdn.jp/manual/4/ja/setup/teraterm.html

 

以下は抜粋です。

 

起動時または、[Setup] Restore setupを実行したとき、設定ファイルの内容にしたがい Tera Term が初期化されます。
コマンドラインで設定ファイル名を指定することができます。ファイル名の拡張子を省略した場合は、".INI"であるとみなされます。
コマンドラインでファイル名を指定しない場合、"My Documents"[*1] に TERATERM.INI が存在すれば "My Documents" の TERATERM.INI が読み込まれ、存在しない場合は ttermpro.exe と同じディレクトリの TERATERM.INI が読み込まれます。

[*1] My Documentsのデフォルトの場所

OS    場所
Vista/7/8/10    %UserProfile%\Documents
2000/XP    %UserProfile%\My Documents
NT4.0    C:\Winnt\Personal\ユーザ名\Personal
ME    C:\My Documents, C:\WINDOWS\Profiles\ユーザ\My Documents
95/98    C:\My Documents
Tera Term 設定ファイルの全項目一覧

変更した設定は設定ファイルに自動的に保存されません。現在の設定を設定ファイルに保存するには、[Setup] Save setupを実行してください。

 

Windows Server 2019はWindows10と同様に、Vista/7/8/10    %UserProfile%\Documentsにiniファイルを置くことで、そちらを参照するようになります。

 

C直下の共通プロファイルより優先されるので、個別に設定を管理したい場合は、PC>ドキュメントに保存すると個別に管理できて便利です。

 

モバイルバッテリー 30000mAh 18W急速充電 QC3.0&PD3.0対応 Type-C出力/入力対応 三台同時充電 Type-C/MicroUSB二つ入力ポート PSE認証済 滑り止めデザイン コンパクトなデザイン LED残量表示 各機種対応 アウトドア/災害/緊急用などの必携品