ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

遠赤外線で外はカリ、中はふっくら焼ける スミトースター あやせものづくり研究会 旭工業有限会社

お酒をよく飲むので自炊をすることが多いです。晩酌では、やっぱり栄養を考えて食材を選びます。

 

年齢を重ねてきて、だんだんとお肉より魚を食べる機会は増えていますが、やっぱり美容と健康には魚がおすすめです。

 

最近の週末のご飯は近所のスーパーで売っているアボガドとサーモンのお寿司です。美容と健康におすすめの食材です。

 

そして、その他、おすすめなのが鮭ですね。焼き魚がやっぱり美味しいですが、魚焼きグリルがちょっと妻が嫌がるので、フライパンを使っていますが、フライパンより美味しく焼けそうな便利なアイテムを発見しました。

 

それが、遠赤外線で外はカリ、中はふっくら焼ける スミトースター あやせものづくり研究会 旭工業有限会社で、魚だけでなく、お肉、パンもふっくら焼けると評判です。

 

Sumi Toaster | スミトースター あやせものづくり研究会 旭工業有限会社 ブラック

f:id:merrywhite:20220221075317j:plain

 

商品の説明
カリッふわっ香ばしい 炭火焼トースター 炭火焼と同等の遠赤外線を発し、誰でも簡単に、体験したことがないくらいおいしいトーストが焼けます。

 

Sumi Toaster
スミトースター
カリッふわっ香ばしい 炭火焼トースター

炭火焼と同等の遠赤外線を発し、誰でも簡単に、体験したことがないくらいおいしいトーストが焼けます。

 

f:id:merrywhite:20220221075415j:plain

カーボン製調理プレート
炭火と違い、面倒な火起こしが不要
加熱時は炭火と同等の遠赤外線を発生し、外はこんがり、中はしっとりした焼き上がり
誰でも簡単に、極上のトーストが焼ける
熱源はガス、IH、直火がOK
日本製

f:id:merrywhite:20220221075453j:plain

食パンを焼く最適なサイズ
食パンを焼くのに最適なサイズで、誰でも簡単に体験したことがないくらいおいしいトーストが焼けます。 フッ素コーティングがされているので、焦げ付きにくく、汚れも落ちやすいのも嬉しいポイントです。バケットやクロワッサンなど、色々なパンも美味しさを楽しめます。

 

カリッふわっ香ばしい
Sumi Toasterは通常のトースターと比べ、水分を逃さず調理できるので、炭火焼と同等の外はこんがりと香ばしく、中は閉じ込めた水分でしっとりとした舌触りを楽しめます。 素材本来の旨みを引き出した極上のトーストを味わってみてください。

 

同条件で加熱した水分保有率を表した数字数字。

f:id:merrywhite:20220221075532j:plain

BBQやパーティにも。ベストな焼き具合をためして食べ比べ
裏返すタイミングや焼き具合など、時間を見ながら自分だけの美味しさを探す楽しみがあるのもSumi Toasterの魅力。 パーティーやバーベキューなど、それぞれで焼いたパンを食べ比べして楽しむこともできます。

*中火で調理してください。 強火調理は焦げやすくなります。

*トーストを続けて焼く場合、予熱(Step1)は不要です。

*時間は目安です。 熱源の性能やパンの厚さによって調整してください。

f:id:merrywhite:20220221075553j:plain

カーボン(炭)の塊を削り出して制作しているため継ぎ目がなく、均一に温度がさ伝わるのも特徴。カーボンの素材の良さをさらに引き出しています。炭火と違い、面倒な火おこしが不要。フッ素コーティングにより焦げにくく、油も要らずヘルシーです。上面にはフッ素コーティング、裏面には、耐熱コーティングが施されています。

 

焦げ付きにくく、汚れも落ちやすい、フッ素コーティングで施されています。

 

続いて、実際に利用した方のレビューです。

 

ほぼ毎日使って1か月が経った。
今のところ劣化と思える変化はない。ガス火の直接あたるところだけ黒さが異なるかな?程度の変化。

朝のベーコンエッグやトーストや小魚、その他肉や魚や野菜を焼くのに実に使い勝手がいい。
特に肉や魚は炭火焼きに近い仕上がりになる。
冷凍焼き鳥をまとめ買いすれば、面倒なしに炭火焼き鳥が自宅で食べれる。
トーストの焼き方は中に入っているマニュアル通りにやるのがベストだが、「中火で」の解釈は使っている熱源によるので最初の3回は失敗する覚悟でいた方がいい。

遠赤外線は水分の多い食材に向く。表面は伝導熱でカリッとして中身は輻射熱で水分たっぷりのまま。どちらも理想的。

実はこれを使うまで「炭は直接火をつけなくても熱すれば遠赤外線を発する」というのが半信半疑であった。だがカーボンヒータータイプの電気ストーブを目にしてようやく理解できた。
カーボン素材の鍋や板は最近になってようやく見聞きするようになったと思うが、新発明と言っても良いと思う。
ちょっと高いのは確かだが売ってる側の利益はそう多くなく、「そういう素材」なのだから仕方がない。
使い方に気を付ければほぼ壊れないものをこの金額で手に入れるのは、自分としてはむしろ「良い買い物」だった。

最後に製造元である旭工業有限会社(神奈川県綾瀬市)に長く使える扱い方についてメールで問い合わせしてみた。

お問い合わせ頂きました、長くお使いになる為のメンテナンスですが洗うスポンジも柔らかいものをお使いいただき、中性洗剤をご使用下さい。
焦げがついてしまった時はぬるま湯を注いで頂き、焦げをふやかしてお取りください。
フッ素コーティングが取れてしまった場合は有償ではございますが再コートを受け付けておりますのでご検討下さい。

 

いつものフライパンから変えることで味がよくなるのはいいですね。

 

製品サイズ:W180×D150×H23mm (底面厚 8mm)
製品重量:約430g
材質:カーボン
原産国:日本
ブランド:あやせものづくり研究会