ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

TeamViewer VM仮想マシン接続時に画面が黒い、「現在、画面を取り込めません。~」で操作不可

主に会社で使われているケースが多そうですが、リモート遠隔操作ツールで便利なソフトウェアがあります。それが、TeamViewerです。

 

こちら

TeamViewer – リモート接続ソフトウェア

 

何が便利かというと、インターネットに接続できる環境なら、場所を選ばず、遠隔地から自宅などのパソコンにリモートから接続できてしまいます。

 

商用利用でなく、個人利用なら無料で使えます。例えば、個人事業主の方は、外出先から自宅のパソコン、ファイルサーバなどに接続できますし、田舎に行って、自宅のパソコンにある家族の写真を見せたりと、色んなことに使えます。

 

何がすごいかというと、スペックの高いデスクトップPCをモバイルPCからリモートで触れたりすることですね。

 

会社利用だと、ユーザーサポートがメインになるかと思いますが。

 

そして、この動作検証をしていて、自宅のVMware環境のWindows Server 2019の仮想マシンに接続したのですが、仮想マシン接続時に画面が黒い、「「現在、画面を取り込めません。高速ユーザ切替、またはリモートデスクトップセッションの最小化が原因の可能性があります。」で操作不可の事象がありました。

 

 

色々とやっていてダメな時と正常に動作する時があるのですが、切り分けた結果、

 

リモートデスクトップ接続をしている時に、TeamViewerで接続すると操作ができないことがわかりました。一方で、VMware Player上でコンソールログインすると、問題なくTeamViewer側で操作ができました。

 

技術的な接続方式などまでは調べていませんが、今のところ、RDP経由で接続しているとダメみたいです。

 

画面が黒いのですが、接続先で操作をすると画面は表示されるようになりました。

 

その為、画面転送ができないない訳ではなさそうです。おそらくこのRDP接続が影響している可能性があります。

 

また、その後、接続に成功した後は、RDP接続している状態でもログイン画面がでて、同じユーザーを使うと、セッションが奪われましたので、裏でRDPセッションを使用しているのかもしれません。

 

基本的にWindows10端末にRDP接続することは少ないと思いますので、本事象はあまり経験しないかもしれません。

 

Anker PowerCore 10000 PD Redux 25W(モバイルバッテリー 10000mAh 大容量 )【USB Power Delivery対応/PPS規格対応/PowerIQ搭載/PSE技術基準適合】 iPad iPhone Galaxy Android スマートフォン タブレット 各種 その他機器対応