ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

工作で極小の折り鶴(1/16サイズ)を作ったら子供が感激

以前、子供の為にぴょんぴょん飛ぶカエルの折り紙を作ってから、子供が折り紙にはまっています。私も小学生の頃はよく折り紙で遊んでいた記憶があります。折り紙って頑張れば色々と作れるんですよね。

 

少し前までは、紙飛行機にはまって、作ってくれとかなり依頼されました(笑)



そして、広島と言えばやっぱり折り鶴です。平和公園にいけばたくさん平和の象徴の折り鶴がみられます。


私も広島出身ということで、折り鶴をよくつくって未だに作り方を覚えています。そして、今回は、ちょっと変わったことをしようと思って、いつもより小さい折り鶴を作りました。


サイズ感が分からないと思いますので、緑の折り鶴が普通のサイズで、次に1/4サイズがその下、1/16サイズがその次、そして、そのさらに半分のサイズが最後の小さい奴です。

f:id:merrywhite:20220205115215j:plain



めちゃアップしないとわかりにくいですが、ちゃんと作れています。

f:id:merrywhite:20220205115226j:plain



サイズ的には指に乗るサイズです。本気を出せばもう少し小さいのは作れそうですが、限界のサイズに近いと感じました。とチャレンジをしていくと意外と楽しい折り鶴でした。


最近はスマホやテレビゲームを遊ぶことが多いですが、たまにはこういった昔ながらの遊び方もいいですよね。