ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

老後はゆったり喫茶店経営は夢?2021年は過去最多の廃業、閉店 個人は厳しい時代

f:id:merrywhite:20200901074016j:plain

 

これから廃れていく分野、逆に成長していく分野と大きく明暗を分かれていますね。私たちの時代では考えられないような仕事もありますし、逆にアナログなものはなくなっています。

 

昔は新聞をとるひとは多く、新聞から情報を得ていた人が多いですが、今はネットなどでリアルタイムに情報が探せるので、新聞をとるひとは減少しているでしょう。

 

そして、以前、会社で出会った人がシステムエンジニアをしているのですが、老後はゆったり喫茶店経営をしたいなと言っていましたが、それは夢になるかもしれません。

 

2021年は過去最多の廃業、閉店 個人は厳しい時代になっているそうです。

 

個人経営のお店って分野によってはドンドン厳しい時代になっていますよね。本屋さんもいい例だと思います。最近はそういえば、本屋さんを見かける機会が減った気がしますね。

 

駄菓子屋さんも最近はめっきり見かけなくなりましたし、個人経営の仕事をする人は考えたほうがいいのかもしれません。

 

情報元はこちら

2021年の「喫茶店」の休廃業・解散 過去最多の100件に - ライブドアニュース

 

 

以下は抜粋です。

 

 2021年の「喫茶店」の休廃業・解散が初めて100件に達し、過去最多を記録したことが東京商工リサーチの調査でわかった。
 大手チェーンや「コンビニコーヒー」との競争に加え、昨今の輸入コーヒー豆の高騰も痛手となった。コロナ禍で生活様式が変化し、商談や「時間つぶし」、「勉強」などの需要も減っている。先行きが見えず、債務超過に転落する前に廃業を決断したとみられる。
 オミクロン株の流行拡大で、1月に入り「まん延防止等重点措置」が東京などに適用された。在宅勤務が増え、需要回復は期待できない。2022年は廃業だけでなく、息切れによる倒産増の可能性も高まっている。

「喫茶店」の休廃業・解散は過去最多
 2021年の「喫茶店」の休廃業・解散は100件(前年比26.5%増)だった。調査を開始した2000年以降、最多だった2018年(84件)を大幅に上回った。
 一方、2021年の「喫茶店」の倒産は61件(前年比8.9%減)にとどまった。コロナ関連の休業補償金や持続化給付金、ゼロ・ゼロ融資などの資金繰り支援が下支えした。
 休廃業・解散と倒産の合計は161件で、これまで最多の2020年(146件)を15件上回り、過去最多となった。

業績の2極化が進行
 「シロノワールぜいたくピスタチオ」など新商品が好調な「コメダ珈琲店」を展開する(株)コメダホールディングスは、2021年3-11月の連結営業利益が前年同期比36.8%増の58億4700万円だった。
 一方、「ドトール・コーヒー」やレストランを運営する(株)ドトール・日レスホールディングスの2021年3-11月の連結営業利益は9億2100万円の赤字。また、「サンマルクカフェ」などの(株)サンマルクホールディングスの2021年4-9月の連結営業利益は27億900万円の赤字だった。「喫茶室ルノアール」の(株)銀座ルノアールの2021年4-9月の連結営業利益は6億6400万円の赤字といずれも苦戦し、大手でも明暗が分かれた。

 

特に最近は分煙化もあるので、余計に喫茶店の魅力が減ってきているのかもしれませんね。

 

サラリーマンはある程度は安定ししてると言えますが、結果、大手企業だけですからね。

 

中小企業だとちょっと不安ですし、仕事選びは本当に大切なことだと思います。

 

転職活動を検討しているならマイナビエージェントがおすすめです。リクナビindeedなどの転職サイト経由だと再就職手当がもらえません。こういったエージェントサービスを経由するともらえますので、転職まで少し時間がかかりそうという方はご注意ください。

 

マイナビエージェントへのアクセスはこちらから↓