ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

REHL8 dnf update --securityでエラー パッケージの最良アップデート候補をインストールできません

REHL8で、dnf update --securityコマンド実行時に、エラー パッケージの最良アップデート候補をインストールできませんという表示が出た場合の参考情報になります。

 

dnf(yum) update --securityコマンドでセキュリティ関係のアップデートだけ実行することができます。

 

ソフトウェアのバージョンを上げずにセキュリティを強化したい場合におすすめです。

 

最近はセキュリティに厳しくなってきているので、脆弱性は放置せずにアップデートしたほうがいいですね。

 

特に外部に公開しているサーバならなおさらです。

 

そして、最初にdnf updateをかけたら問題がなかったのですが、--securityオプションを入れたらNGでした。

 

 

結論、EPELレポジトリが必要だったというだけですが、ひさしぶりに構築すると忘れることがあります。

 

こちらが参考になります。

Unified Manager 9.8 ドキュメント センター

 

手順
インストールに対応する EPEL リポジトリをダウンロードします。Red Hat Enterprise Linux 7 の場合は、次のサイトからダウンロードします。バージョン 8 の場合は、次のサイトからダウンロードします。
wget https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-7.noarch.rpm
wget https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-8.noarch.rpm
EPELリポジトリを設定します。
yum install epel-release-latest-<version>.noarch.rpm

 

> yum install -y https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-8.noarch.rpm

 

【Amazon.co.jp限定】伊藤園 ラベルレス 強炭酸水 500ml×24本 シリカ含有