ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

DellEMC OpenManage Python SDK(OMSDK)PowerEdgeサーバーのライフサイクル管理を自動化 Pythonライブラリ

DellEMC OpenManage Python SDK(OMSDK)PowerEdgeサーバーのライフサイクル管理を自動化に役立つPythonライブラリの情報です。

 

情報元はこちら

GitHub - dell/omsdk: Dell EMC OpenManage Python SDK

 

===

Dell EMC OpenManage Python SDK
DellEMC OpenManage Python SDK(OMSDK)は、開発者とお客様がPowerEdgeサーバーのライフサイクル管理を自動化するのに役立つPythonライブラリです。OMSDKモジュールは、DMTFRedfish標準に基づくiDRACのRESTAPIと、PowerEdgeサーバーの構成、展開、更新、および監視のためのWS-ManおよびSNMPプロトコルを活用します。さらに、OMSDKは、PowerEdge Modular Infrastructure(M1000e、VRTX、およびFX2)のインベントリ情報の監視とクエリもサポートしています。

 

サポートされているシステム
すべてのDellEMCPowerEdge第12世代以降のPowerEdgeサーバー、およびDell EMC PowerEdge M1000e、Dell EMC PowerEdge VRTX、Dell EMCPowerEdgeFX2シャーシのシャーシ管理コントローラー

 

ファームウェアバージョン2.41.40.40以降のiDRAC7/8
ファームウェアバージョン3.00.00.00以降のiDRAC9

 

 

前提条件
Dell EMC OpenManage Python SDKは、Python2.7以降でサポートされています。

 

Python 2.xの要件ファイルを使用して、前提条件を次のようにインストールします。

pip install -r requirements-python2x.txt

 

Python 3.xの要件ファイルを使用して、前提条件を次のようにインストールします。

pip3 install -r requirements-python3x.txt

 

インストール
このブランチには、ビルドバージョン1.2.488が含まれています

githubから最新の開発バージョンをインストールします。

 

git clone https://github.com/dell/omsdk.git
cd omsdk
sh build.sh 1.2 488
cd dist
pip install omsdk-1.2.488-py2.py3-none-any.whl

 

pythonコマンドエラー が原因でomsdkビルドの作成が失敗した場合は、またはのいずれかpythonを起動するように構成します。したがって、コマンドを構成します。

 

python2python3pip

 

Pythonsetuptoolsとwheelの最新バージョンにアップグレードすることをお勧めします。

omsdkのインストールはpipバージョン10.0以降で失敗する可能性があります。そのようなシナリオでは、次のいずれかの手順に従ってください。

pipバージョンを10.0未満にダウングレードしてから、omsdkをインストールします
以下を使用してomsdkを強制的にインストールします。 pip install --ignore-installed omsdk-1.2.488-py2.py3-none-any.whl

 

アンインストール
このモジュールを次のようにアンインストールします。

   pip uninstall omsdk

 

LG 55型 4Kチューナー内蔵 有機EL テレビ OLED55B1PJA Alexa 搭載 2021 年モデル