ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

VMware 仮想マシンのパフォーマンスを向上させる視覚効果の設定

VMware 仮想マシンのパフォーマンスを向上させる視覚効果の設定に関する情報です。以前、仮想デスクトップのHorizon Viewの構築をした時に参考になった情報です。

 

以下は情報元です。

リモート デスクトップの展開のためのゲスト OS の準備

 

モート デスクトップの展開のためにゲスト OS を準備する特定のタスクに関する情報になります。

 

このあたりの設定です。

 

Horizon Client デバイスが PCoIP 表示プロトコルを使用して仮想マシンに接続する場合は、[ディスプレイの電源を切る] の電源オプションを [なし] に設定します。
この設定を無効にしない場合は、省電力モードが開始されたときに、ディスプレイが最後の状態でフリーズしたように見えます。

 

Horizon Client デバイスが PCoIP 表示プロトコル仮想マシンに接続する場合、[コントロール パネル] > [システム] > [詳細システム設定] > [パフォーマンス設定] の順に選択し、[視覚効果] の設定を [パフォーマンスを優先する] に設定します。

 

[パフォーマンスを優先する] または [コンピュータにとって何が最も優先されるかの選択を Windows に任せる] と呼ばれる設定を代わりに使用すると、Windows はパフォーマンスの代わりに外観を選択し、パフォーマンスに悪影響を及ぼします。

 

視覚効果の設定で無駄に画質のいい効果を無効にできます。

 

 

後、よくある設定としては電源オプションもありますね。

 

[コントロールパネル]-[電源オプション]画面を開き、「電源プランの選択またはカスタマイズ」の「高パフォーマンス」を選択することで、パフォーマンスが向上します。

 

Anker Soundcore Liberty Neo 2(ワイヤレス イヤホン Bluetooth 5.2)【完全ワイヤレスイヤホン/ワイヤレス充電対応 / IPX7防水規格 / 最大40時間音楽再生 / 専用アプリ対応/PSE技術基準適合】