ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

サービスインサーションで保護された NSX-T クラスタに展開された仮想マシンがパワーオンに失敗する

サービスインサーションで保護された NSX-T クラスタに展開された仮想マシンがパワーオンに失敗するという事象に関する情報になります。

 

情報元はこちら

Virtual machines deployed on an NSX-T cluster protected by service insertion fail to power on (86001)

https://kb.vmware.com/s/article/86001?lang=en_US

 

症状
サードパーティのサービス挿入を展開した NSX-T を使用しています。

 

VM をパワーオンしようとすると、次のようなエラーで失敗します。

All required agent virtual machines are not currently deployed on host 'hostname'

 

・過去のある時期、NSX-T UIのコンピュートマネージャー(vCenter)が削除され、一方でサービスVMSVM)がデプロイされ、その後、NSX-T UIにコンピュートマネージャーが再び追加されました。

 

原因
コンピュートマネージャが削除され、再び追加されると、vCenterでSVMの関連付けが変更されます。


vCenter EAMは、SVMのステータスが不健全であると検出し、他のVMの電源が入らないようにします。

 

 

解決方法
NSX-T コンポーネントが vCenter に展開されている場合、コンピュート マネージャの削除はサポートされていません。


NSX-T バージョン 2.5.3 以降では、NSX-T の UI からコンピュート マネージャを削除しようとすると警告が表示されます。

 

こちらの管理者ガイドにも記載されています。
https://docs.vmware.com/en/VMware-NSX-T-Data-Center/3.0/administration/GUID-D225CAFC-04D4-44A7-9A09-7C365AAFCA0E.html?hWord=N4IghgNiBcIMYHsC2AHArgFwKYAIlgDswBzLAJxAF8g

 

回避方法
ESXi ホストで vSphere Cli コマンドを使用して VM の電源を入れることができます。
詳細は次の KB を参照してください。
https://kb.vmware.com/s/article/1038043

 

VMware vSphere7インテグレーションガイド impress top gearシリーズ