ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Windows 10 NetBIOS データWindowsを使用してコンピューターに表示されない

Windows 10 NetBIOSによる、データWindowsを使用してコンピューターに表示されなくなっているそうです。

 

もはや、不要な機能のような気がしますね。

 

情報元はこちら。

SMBv1 は、Windows 10 バージョン 1709、Windows Server バージョン 1709 以降のバージョンでは既定ではインストールされません | Microsoft Docs

 

Windows 10 Fall Creators Update Windows Server バージョン 1709 (RS3) 以降のバージョンでは、サーバー メッセージ ブロック バージョン 1 (SMBv1) ネットワーク プロトコルは既定ではインストールされなくなり、2007 年から SMBv2 以降のプロトコルに取って代わるものでした。 Microsoft は、2014 年に SMBv1 プロトコルを一般に非推奨としましたとあります。

 

 

SMBv1 は、バージョン 1709 (RS3) Windows 10および Windows Server で次の動作をしています。

 

・SMBv1 には、個別にアンインストールできるクライアントとサーバーの両方のサブ機能が追加されました。

Windows 10 Enterprise、Windows 10 Education、Windows 10 Pro for Workstationsインストール後に SMBv1 クライアントまたはサーバーが既定で含まれる必要がなくなりました。

Windowsサーバー 2019 には、クリーン インストール後に SMBv1 クライアントまたはサーバーが既定で含まれるなくなりました。

Windows 10 HomeインストールWindows 10 Pro SMBv1 サーバーが既定で含まれる必要がなくなりました。

Windows 10 HomeインストールWindows 10 Pro後も、既定では SMBv1 クライアントが含まれている必要があります。 SMBv1 クライアントが合計で 15 日間使用されていない場合 (オフになっているコンピューターを除く)、自動的にアンインストールされます。

・イン Place アップグレードとインサイダー フライトの Windows 10 Homeと Windows 10 Pro SMBv1 は最初は自動的に削除されません。 SMBv1 クライアントまたはサーバーが合計 15 日間使用されていない場合 (コンピューターがオフの時間を除く)、それぞれ自動的にアンインストールされます。

Windows 10 Enterprise、Windows 10 Education、および Windows 10 Pro for Workstations エディションのイン place アップグレードと Insider フライトでは、

・SMBv1 は自動的に削除されません。 管理者は、これらのマネージド環境で SMBv1 をアンインストールする必要があります。

・15 日後の SMBv1 の自動削除は、1 回の操作です。 管理者が SMBv1 を再インストールした場合、それ以上アンインストールは試行されます。

・SMB バージョン 2.02、2.1、3.0、3.02、および 3.1.1 の機能は引き続き完全にサポートされ、SMBv2 バイナリの一部として既定で含まれています。

・コンピューター ブラウザー サービスは SMBv1 に依存します。SMBv1 クライアントまたはサーバーがアンインストールされた場合、サービスはアンインストールされます。 つまり、Explorer ネットワークでは、従来の NetBIOS データWindowsを使用してコンピューターに表示できなくなりました。

・SMBv1 は、引き続きすべてのエディションの Windows 10再インストールWindows Server 2016。

 

Anker PowerCore 10000 (10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー)【PSE技術基準適合/PowerIQ搭載】 iPhone&Android対応 2020年12月時点 (ブラック)