ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

ESXi7がサポートするNFSプロトコルバージョンは3、4.1

ESXi7がサポートするNFSプロトコルバージョンは3、4.1になります。先日、ESXi側でNFSサーバをマウントしようとしたところ、3か、4.1が選択できるようになっていました。

 

ちなみに、どこかの情報で見たのですが、3と4.1はあんまりパフォーマンスの差はないようです。どちらかが読み込みが遅くて、書き込みが遅いとかだったと思います。

 

4.1はケルベロス認証が使えますね。

 

さて、サポートバージョンに関する情報はこちらです。

NFS Protocols and ESXi

 

ESXiは、NFSプロトコルバージョン3および4.1をサポートします。両方のバージョンをサポートするために、ESXiは2つの異なるNFSクライアントを使用します。

 

 

ストレージDRSや、ストレージI / O制御が逆に4.1で使えないですね。

 

その他情報です。

 

NFS4.1とフォールトトレランス
NFS 4.1の仮想マシンは、vSphere6.0で導入された新しいフォールトトレランスメカニズムをサポートします。このメカニズムは、最大4つのvCPUを備えた対称型マルチプロセッサ(SMP)仮想マシンに対応できます。

 

NFS 4.1 VMは、従来のフォールトトレランスメカニズムをサポートしていません。

 

NFSアップグレード
ESXiを6.5より前のバージョンからアップグレードすると、既存のNFS 4.1データストアは、以前のESXiリリースでは利用できなかった機能のサポートを自動的に開始します。これらの機能には、vVol、ハードウェアアクセラレーションなどが含まれます。

ESXiは、NFSバージョン3からNFS4.1への自動データストア変換をサポートしていません。

 

詳細は、リンク先を確認ください。

 

VMware vSphere7インテグレーションガイド impress top gearシリーズ