ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Hyper-V .avhdを.vhdに手動でマージする方法 チェックポイント削除不可時

Hyper-V .avhdを.vhdに手動でマージする方法 チェックポイント削除不可時などに使うことになるようです。通常はGUI操作で事足りると思います。

 

情報元はこちら。※英語の機械翻訳です。

Manually Merge .avhd to .vhd in Hyper-V - TechNet Articles - United States (English) - TechNet Wiki

 

Hyper-Vは、必要に応じて活用できるいくつかの追加のディザスタリカバリシナリオを実現します。実際に機能する機能の1つは、VMスナップショットです。スナップショットは基本的に、仮想マシンの現在実行中の構成がスナップショット差分ディスクファイル(AVHD)に保存され、将来から戻ることができる時点です。このヒントでは、特定の時点での復元のために、Hyper-Vスナップショットを単一のVMに手動でマージする方法を示します。

 

差分ディスクを作成すると、元のVHDは変更されなくなり、スナップショットは電源がオフの場合にのみ元のvhdとマージされます。ディザスタリカバリのシナリオでは、スナップショットを手動でマージしたい場合があります(avhd)

 

これを行うには、最初に最新のAVHDファイルの拡張子をVHDに変更する必要があります。 

 

VHD差分ディスク(avhd)は、ルートの親ではなく、常にその親に移動します。

 

したがって、AVHDが多数ある場合、それぞれは、はしごの横木など、前のAVHDに依存します。これらはシーケンシャルです。ほとんどの人は、スナップショットの非常に単純な線形チェーンを持っています。

 

例:VHD-AVHD1-AVHD2-AVHD3-AVHD4。(ここでは、AVHD4が最新で、AVHD1が最も古いです)

 

AVHD4の親はAVHD3です。AVHD3の親はAVHD2です。AVHDnの親は、単にその前の親になります。

 

マージ操作を完了するには、新しいAVHDから古いAVHDへのマージを開始する必要があります。

 

 

マージを開始するには、以下の手順に従います
最初に最新のAVHDを特定します(例:AVHD4)

・最新のAVHD(AVHD4)の名前をVHDに変更します(一度にすべてのAVHDの名前を変更する必要はありません。最初に、最新のAvhdのみの名前を変更する必要があります)
Hyper-V管理コンソールの[アクション]メニューから[ディスクの編集]オプションを選択できます。 

・最初の画面で[次へ]をクリックし、次の画面でスナップショットファイルを選択します。

・次の画面で[マージ]を選択し、[親仮想ディスクへ]オプションを選択して、[完了]をクリックします。
・マージが正常に完了すると、AVHD4が自動的に削除されます。
・次に、2番目に新しいAvhd(AVHD3)の名前をVhdに変更します。そして、最も古いAVHD(AVHD1)が親VHDとマージされるまで、1から4までの手順を繰り返します。

 

次に、2番目に新しいAvhd(AVHD3)の名前をVhdに変更します。そして、最も古いAVHD(AVHD1)が親VHDとマージされるまで、1から4までの手順を繰り返します。

 

これが完了したら、ハードディスク画面で既存の仮想ディスクを使用することを選択して、通常使用するデフォルトのオプションを使用して新しい仮想マシンを作成する必要があります。新しくマージされたVHDファイルを選択する必要があります。

 

これで、Hyper-Vでavhdをvhdに手動でマージすることが正常に完了しました。

 

このガイドは、Hyper-Vを搭載したWindows Server 2012R2を含むすべてのHyper-Vバージョンで機能します。

 

こちら、チェックポイントが削除できない場合のリンク先なので、そういった場合に使う方法だと思われます。

 

ロジクール ワイヤレスマウス 無線 マウス M185CG 小型 電池寿命最大12ケ月 無線マウス M185 グレー 国内正規品