ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Microsoft Exchange Server 2019 Auth Certificate 有効期限切れの証明書更新手順

Microsoft Exchange Server Auth Certificate 有効期限切れの証明書更新手順についての情報です。以前、構築したことがありますが、自己署名の証明書から商用、ADCSなどの証明書に差し替えることもできます。

 

自己署名の場合は、使い方によって警告がでることがあるので、証明書の差し替えを行ったほうがいいと思います。

 

情報元はこちら。

証明書を更新Exchange Serverする | Microsoft Docs

 

まず、自己署名の証明書の有効期限は5年です。

 

すべての証明書には、組み込みの有効期限があります。 このExchange Server、Exchange サーバーにインストールされている既定の自己署名証明書は、サーバーにインストールされたExchange 5 年後に期限切れになります。 Exchange 管理センター (EAC)、または Exchange 管理シェル を使用して、Exchange の証明書を更新できます。 Exchange の自己署名証明書、および証明機関 (CA) によって発行された証明書がこれに該当します。

 

有効期限が切れる前に証明書を更新する必要があります。

 

 

自己署名の証明書を更新する方法は別途ありますが、今回は個別に用意した証明書を使う方法です。

 

EAC を使用して、証明機関への証明書の書き換え要求を作成する

 

EAC を開き、 [サーバー] > [証明書] の順に移動します。

②[サーバーの選択] リストで、更新する証明書を保持している Exchange サーバーを選択します。

③すべての有効な証明書には、一覧から証明書を選択する際の詳細ウィンドウに、 [更新] リンクが表示されます。更新する証明書を選択し、詳細ウィンドウの [更新] をクリックします。

④[Exchange 証明書の更新] ページが開いたら、 [次のファイルにこの証明書要求を保存します] フィールドに、新しい証明書の書き換え要求ファイルの UNC パスとファイル名を入力します。 たとえば、\\FileServer01\Data\ContosoCertRenewal.req などです。 完了したら、[OK] をクリックします。

証明書要求は、Exchange の証明書の一覧に、 [保留中] の状態で表示されます。

 

証明書関連はトラブルになりやすいので注意が必要です。

ロジクール ワイヤレスマウス 無線 マウス M185CG 小型 電池寿命最大12ケ月 無線マウス M185 グレー 国内正規品