ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Windows10 arpテーブルのキャッシュタイムアウト時間

Windows10 arpテーブルのキャッシュタイムアウト時間についての情報になります。

 

情報元はこちら。

 

TCP / IP実装でのアドレス解決プロトコルARP)キャッシング動作の説明

Address Resolution Protocol caching behavior - Windows Server | Microsoft Docs

 

適用対象:   Windows Server 2012 R2、Windows 10-すべてのエディション、Windows 7 Service Pack 1
元のKB番号:   949589

 

ARPキャッシュの動作は、WindowsVistaで変更されました。WindowsVistaのTCP / IPスタックの実装は、IPv4IPv6の両方の近隣探索プロセスでRFC4861(IPバージョン6 [Ipv6]の近隣探索プロトコル)に準拠しています。

 

ArpCacheLifeおよびArpCacheMinReferencedLifeレジストリエントリは、WindowsXPおよびWindowsServer2003でARPキャッシュを維持する方法を決定します。これらのレジストリエントリはWindowsVistaには適用されなくなりました。

 

新しいWindowsVista TCP / IPスタックの実装では、ネイバーキャッシュに一致するエントリがない場合、ホストはネイバーキャッシュエントリを作成します。IPv4ARPキャッシュエントリは、ネイバーキャッシュエントリの例です。エントリがネイバーキャッシュに正常に作成された後、エントリが特定の条件を満たす場合、エントリは「到達可能」状態に変わる可能性があります。

 

 

エントリが「到達可能」状態の場合、Windows Vista TCP / IPホストはARP要求をネットワークに送信しません。したがって、Windows Vista TCP / IPホストはキャッシュ内の情報を使用します。エントリが使用されておらず、「Reachable Time」値よりも長く「Reachable」状態のままである場合、エントリは「Stale」状態に変わります。エントリが「古い」状態の場合、「到達可能時間」の値は次のように計算されます。

 

到達可能時間= BaseReachable時間×(MIN_RANDOM_FACTORとMAX_RANDOM_FACTORの間のランダムな値)
RFCは、次の計算結果を提供します。

 

BaseReachable時間    30,000ミリ秒(ms)
MIN_RANDOM_FACTOR    0.5
MAX_RANDOM_FACTOR    1.5

 

したがって、「到達可能時間」の値は、15秒(30×0.5秒)から45秒(30×1.5秒)の間のどこかにあります。エントリが15〜45秒間使用されない場合、「古い」状態に変わります。

 

現在の「到達可能時間」の値を確認するコマンドはこちら。

 

netsh interface ipv4 show interface *

 

手元のWindows10の結果です。

 

>netsh interface ipv4 show interface 1

インターフェイス Loopback Pseudo-Interface 1 パラメーター
----------------------------------------------
IfLuid                             : loopback_2
IfIndex                            : 1
状態                               : connected
メトリック                         : 75
リンク MTU                         : 4294967295 バイト
到達可能な時間                     : 35500 ミリ秒
基本の到達可能な時間               : 30000 ミリ秒
再転送間隔                         : 1000 ミリ秒
DAD 転送                           : 0
サイト プレフィックスの長さ        : 64
サイト ID                          : 1
転送                               : disabled
アドバタイズ                       : disabled
近隣探索                           : disabled
近隣到達不可能性検出               : disabled
ルーター発見                       : dhcp
管理されたアドレス構成             : enabled
その他のステートフル構成           : enabled
脆弱なホストによる送信             : disabled
脆弱なホストによる受信             : disabled
自動メトリックの使用               : enabled
既定ルートを無視                   : disabled
アドバタイズされたルーターの有効期間: 1800 秒
既定ルートのアドバタイズ           : disabled
現在のホップ制限                   : 0
ARPND スリープ解除パターンの強制   : disabled
指定の MAC スリープ解除パターン    : disabled
ECN 機能                           : application
RA ベースの DNS 構成 (RFC 6106)    : disabled
DHCP/静的 IP の共存         : disabled

ロジクール ワイヤレスマウス 無線 マウス M185CG 小型 電池寿命最大12ケ月 無線マウス M185 グレー 国内正規品