ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

ブラウザ、Web版のExcelで最初の一文字目(子音)が消える事象

ブラウザ、Web版のExcelで最初の一文字目(子音)が消える事象があるようです。これ、普通に発生したら困りますよね。これが業務で発生したら仕事にならないでしょうし、利用者からクレームが来そうなレベルです。

 

こちらの事象についての情報は以下になります。

Web 版 Excel の全角入力で1文字目が削除される現象について - Microsoft コミュニティ

 

以下は質問の抜粋です。

 

SharePointオンラインのドキュメントに保存してあるExcelファイルをブラウザーExcelで開いて編集しようとしたところ、

全角での入力がうまくできなくなっていました。(現象は1週間程前から発生しています。)

セルに全角で文字入力をすると、「TA(た)」と打っても、頭文字の「T」が自動で削除され「A(あ)」からの入力になってしまいます。

数字も同様に「7000」と打っても頭文字の「7」が自動で削除され「000」のみが入力されます。

この現象は全てのセルの一番最初の入力でのみ発生しており、「000」と入力されたものを一度削除しもう一度「7000」と打つと正しく入力されます。

ローマ字入力も同様です。

ブラウザーIMEの問題かと思い、ブラウザーはクロームからEdge・IEへ変更しIMEのバージョンも古いものに落として入力を試しましたが、改善されませんでした。(ブラウザーは全て最新の状態まで更新しています。)

社内の全てのPCで同じ現象が発生しています。何か改善策はありませんでしょうか。以下に環境を記載させていただきます。

・Office365使用

・Windows10

・ブラウザ グーグルクローム

Windows更新プログラム 最新

 

子音のほかに、数字も削除されてしまうようです。

 

 

続いて、回答内容の抜粋です。

 

Web 版の Excel で最初の一文字目(子音)が消えてしまうのですね。

手元の Web 版の Excel でも現象を確認しました。

Excel でブックを最初に開いて「たぬき」とローマ字入力で入力した場合、最初の「t」が消えて「あぬき」になってしまいます。

確認した所、「予測入力」を「1文字」の場合に消えてしまい、「2文字以上」に設定する事で回避出来る様です。

※「予測入力」を「2文字以上」にする事に加えて、「以前のバージョンのMicrosoft IMEを使う」をオンにする必要があります。

1. [スタートボタン](田) →「設定」(歯車マーク) で設定の画面を出します。

2. [設定] の検索ボックスに「IME」 と入力してEnter を押し、「日本語 IME の 設定」を選択します。

3. [全般] を選択します。

4. [予測入力] を [2文字]以上に設定します。

5. 下にスクロールして、[以前のバージョンのMicrosoft IMEを使う]をオンにします。

 

IMEが影響しているようですね。Web 版 Excel の画面右下の「Microsoft にフィードバックを送信」より、マイクロソフトの開発チームに改善要望を送付とあるので、バグの可能性が高いですね。