ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Office2019 ライセンス認証時のエラー コード 0xC004C060の原因

先日、会社のパソコンの再セットアップでOfficeの認証エラーがでてトラブルシューティング中なのですが、エラーコードから検索していたら、全く違うエラーコードですが、Office2019 ライセンス認証時のエラー コード 0xC004C060の原因について備忘録代わりに載せます。

 

情報元はこちら。

Office のライセンス認証時のエラー コード 0xC004C060 - Microsoft Office

 

対象製品:Office 2019 Office 2016 Office 2013 Office.com

 

Office のライセンス認証時にエラー コード 0xC004C060 が表示された場合は、プロダクト キーが無効になっているのが原因だそうです。

 

 

以下は抜粋です。

 

Office のプロダクト キーが機能しない場合、または動作を停止する場合は、販売元に問い合わせて払い戻しをリクエストしてください。 ソフトウェアとは別にプロダクト キーを購入した場合、そのプロダクト キーは盗難にあったもの、不正に取得されたもの、または使用を禁止されているものの可能性があります。 残念ながら、盗難物または不正な Microsoft のプロダクト キーを販売する不誠実な販売者がいます。 これらのプロダクト キーは、Microsoft ソフトウェアへのをダウンロード リンクを使用して偽造ラベルまたは偽造カードに印刷されている場合があり、プロモーション メディア、デバイスの製造元の再インストール メディア、またはその他の Microsoft プログラム固有のメディアなどの再販が許可されていないソフトウェア メディアで配布される可能性があります。

 

ヤフーオークションなどで購入したものが不正だったりする可能性がありそうですね。

 

普通に正規販売店で買えば起こりえないと思います。