ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Horizo​​n Connection Serverでポートの枯渇を回避するためのWindows Server2012の構成

Horizo​​n Connection Serverでポートの枯渇を回避するためのWindows Server2012の構成に関する情報です。

 

情報元はこちら。

 

Horizo​​n Connection Server(85667)でポートの枯渇を回避するためのWindows Server2012の構成

https://kb.vmware.com/s/article/85667?lang=en_US

 

症状
Horizo​​n Connection Serverログで報告された、ポートの枯渇と使用可能なバッファスペースがありません。    

 

2021-09-28T03:31:29.672Z ERROR (1374-26E4) <pool-23-thread-17> [AdamEntityManager] Search for an ADAM object by DN for CN=XXXXXXX,CN=ForeignSecurityPrincipals,DC=vdiglobal,DC=vmware,DC=int failed:  com.vmware.vdi.logger.Logger.error(Logger.java:92)
javax.naming.CommunicationException: 127.0.0.1:389 [Root exception is java.net.SocketException: No buffer space available (maximum connections reached?): connect]

 

ポート22389用に開いているソケットの数は、Windows2012で構成されたHorizo​​nConnectionServerで不足しています。[デフォルトの最大許容ポート数は5000です]。

 

 

原因
Windows Server 2012では、netshコマンドを使用して、発信RPC通信に使用されるエフェメラル(動的)ポートの数を制限できます。使用されるポートの数は、256から64510(1025から65535)まで可能です。この問題を回避するには、UDPTCPの両方の動的ポート範囲を拡張します。

 

netshコマンドの構文は次のとおりです。

注:管理者として、管理者特権のコマンドプロンプトからnetshコマンドを実行します。
 
netsh int ipv4 | ipv6 set dynamic tcp | udp start = number num = range

使用する開始ポートはnumberで、ポートの総数はrangeです。

私たちの目的では、プロトコルipv4を使用し、tcpudpの両方を別々のnetshコマンドで使用する必要があります。


netsh int ipv4 set dynamicport udp start = 60100 num = 65534 
netsh int ipv4 set dynamicport tcp start = 60100 num = 65534 

 

変更を有効にするには、この変更が行われた各WindowsServerシステムを再起動する必要があります。

 

次のコマンドを使用して、既存の範囲を確認できます。

 

netsh int ipv4 show dynamicport udp
netsh int ipv4 show dynamicport tcp

 

MaxUserPortのレジストリ編集として、別の手順を使用できます。
この後、再起動が必要です。詳細については、マイクロソフトサポート技術情報196271を参照してください。

 

Horizo​​n Connection Serverでポートの枯渇を回避するためのWindows Server2012の構成ということで、中規模以上の場合は設定しておいたほうが無難でしょうね。

 

ロジクール ワイヤレスマウス 無線 マウス M185CG 小型 電池寿命最大12ケ月 無線マウス M185 グレー 国内正規品