ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Windows10 エクスプローラーが緑のバーでアクセス、表示が遅い、重い原因

自宅で使っているNEC Lavie DirectのノートPCが最近、なんか重い。速度、快適さ重視でSSDを選択したのですが、なぜか遅くなりました。

 

ディスクの最適化などもしてみましたが、変化なし。

 

会社のファイルサーバで同様にファイルサーバにアクセスすると表示が重いということがありますが、自宅の場合は、ローカルディスクなので、ネットワークの問題でもありません。

 

原因を調査しようと思って、イベントビューアを開いてもスナップインが固まる始末。さらに、ブログを更新するときも、すべてが遅いです。

 

快適に使えていた時代もあったのですが、よくよく考えたらほぼ毎日使って4年以上経過しているのでそろそろ買い替え時かなという感じです。パソコンが遅いのは致命的なので、パソコンは劣化したらすぐに買い替える方針にしています。

 

そして、WindowsUpdateを実行後に再起動が走ってから起動時に画面が止まっていることが判明しました。

 

 

そして、イベントログに以下の内容が出力されていました。

 

Error log: Smart event occured on disk :S303NB0J100603

 

ログの名前:システム
ソース:iaStorA
イベントID:4102
レベルエラー

 

ちなみに調べてみたところ、SMART Error が発生する場合は、搭載の HDD/SSD が寿命値に近づいたということを意味しているそうです。おそらくこれが原因ではないかと思います。メモリはかなり余裕があるので。

 

Window11が発表されたので、そろそろ買い替えたいですが、Windows11が出てから購入する予定です。

 

ちなみに、古い端末はWindows11にアップデートできない可能性があるので、ご注意ください。