ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

ApexOne エージェントがインターネット経由でトレンドマイクロから自動アップデートする設定方法

環境によりますが、Apexoneのエージェントを入れたパソコンがApexOneサーバと接続ができない環境にあると、当然、パターンファイルが更新されなくなり、セキュリティ的に問題になるので、そういったケースでApexOne エージェントがインターネット経由でトレンドマイクロから自動アップデートする設定方法があるので紹介します。

 

以下は情報元です。

 

Apex One セキュリティエージェントがトレンドマイクロのアップデートサーバから自動アップデートできるようにするための設定方法

https://success.trendmicro.com/jp/solution/1122846

 

以下は抜粋です。

 

===

概要
Trend Micro Apex One(以下、Apex One) セキュリティエージェントがトレンドマイクロのアップデートサーバから自動アップデートできるようにするための設定方法を教えてください。

 

アップデートの流れ
 
アップデートを開始する場合、Apex One セキュリティエージェントはまず次の画面で指定したアップデート元からアップデートを取得します。
 
 
[アップデート]→[エージェント]→[アップデート元]
 
  
このアップデートが失敗すると、Apex One セキュリティエージェントは次にApex One サーバからのアップデートを試行します。
 

さらにApex One サーバからのアップデートが失敗した場合に、トレンドマイクロのアップデートサーバからアップデートを試行できます。
 

 

操作手順
 
Apex One セキュリティエージェントが、トレンドマイクロのアップデートサーバから
アップデートを実施するには、以下手順で設定を実施してください。
  
①Web コンソールにログインします。
 
②[エージェント]→[エージェント管理] に移動します。
 
③設定対象のドメインまたはクライアントを選択します。
 
④[設定]→[権限とその他の設定]→[その他の設定]タブに移動します。
 
⑤「セキュリティエージェントがトレンドマイクロのアップデート
サーバからのアップデートをダウンロード」にチェックを入れ、
「すべてのクライアントに適用」をクリックします。

 

上記設定に加え、Apex One セキュリティエージェントへ予約アップデートの設定を実施しておくことで、クライアントから定期的にアップデートを実施することができます。 

===

 

予約アップデートを行う設定もURLに記載されていますので、参考にしてみてください。

 

(ボックス小銭入れ)財布 メンズ 二つ折り レザー 本革 牛革 カード18枚収納 大容量 一流の財布職人が作る ビジネス ギフト