ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Windows Server 2016 リモートデスクトップ接続 id38 証明書コンテキストを作成できません。エラー 0

Windows Server 2016 リモートデスクトップ接続 id38 証明書コンテキストを作成できません。エラー 0と表示される場合の事象についての情報です。

 

情報元はこちら。

リモートデスクトップ接続するとイベントにエラーが出力される

 

質問内容の抜粋です。

 

WindowsServerにリモートデスクトップ接続しようとすると下記エラーが出ます。

イベントID38 - 次のエラーのため、リモート デスクトップ ライセンス サーバーはライセンスをクライアントに発行できません: 証明書コンテキストを作成できません。エラー 0

ログオンには問題ありませんがリモートデスクトップ接続をしようとするたびにイベントにエラーが記録されます。

こちらはどのような異常を示すものでしょうか?

無視してもかまわないイベントになるでしょうか。

ネットの情報では分からなかったので質問させていただいた次第です。
どなたかご教示いただけないでしょうか。よろしくお願いします。

 

 

続いて回答内容の抜粋です。

 

質問文の内容を見る限り、以下KBの内容に該当するかもしれません。質問文の内容を見る限り、以下KBの内容に該当するかもしれません。
Event ID 38 - Terminal Services Client Access License (TS CAL) Availabilityhttps://docs.microsoft.com/en-us/previous-versions/windows/it-pro/windows-server-2008-R2-and-2008/cc775351(v=ws.10)?redirectedfrom=MSDN* Windows Server 2008 向けに記載されていますが、Windows Server 2016にも該当すると思われます。
問題の解消を優先される場合、Resolveに記載されているように「リモートデスクトップライセンス」機能のアンインストールとインストールを試されるのが良いかと思います。
なお、エラー内容として出力されている "証明書コンテキスト" については以下が参考になるかと思います。エラーを無視してよいかはx_y_z さまのシステム状態に依存するかと思います (すべてのクライアントにてリモートデスクトップ接続ができているのであれば、現状のままでもよいと判断できます)。
証明書コンテキストのエンコードとデコードhttps://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/win32/seccrypto/encoding-and-decoding-a-certificate-context

 

 

イベントIDに関する情報です。

Event ID 38 — Terminal Services Client Access License (TS CAL) Availability | Microsoft Docs

 

製品: Windowsオペレーティングシステム

ID: 38

ソース: Microsoft-Windows-TerminalServices-ライセンス

バージョン: 6.0

記号名: TLS_E_GENERATECLIENTELICENSE

メッセージ: 次のエラーのため、ターミナルサービスライセンスサーバーはクライアントにターミナルサービスクライアントアクセスライセンス(TS CAL)を発行できません:%1!s!

 

解決方法は以下とありまs。
TSライセンスロールサービスを削除してから再インストールします
この問題を解決するには、次の手順を実行します。

●TSライセンスデータベースフォルダのバックアップコピーを作成します。
●サーバーマネージャーを使用して、TSライセンスロールサービスをアンインストール(削除)します。TSライセンスを削除するには、サーバーを再起動する必要があります。
●サーバーマネージャーを使用して、TSライセンスロールサービスをコンピューターに再インストール(追加)します。

 

詳細な手順はURLを参考にしてください。