ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Ansible vmware_guestモジュールでwindows2019はsidを変更できるか

Ansible vmware_guestモジュールでwindows2019はsidを変更できるかどうか調べてみました。

 

ヒットした情報はこちら。

vmware_guest and windows 2016 change sid : ansible

 

以下は質問の抜粋です。

 

Windows 2016のテンプレートからvmware_guestモジュールを使ってvcenterからvmを展開するプレイブックを作成しました。

テンプレートの最初のバージョンは、sysprepなしだったので、vmWindowsドメインに参加させるときに、同じSIDを持っていたので問題がありました。今、私はsysprepを持つバージョンを持っていますが、私は新しい問題を持っています、vmwareのカスタマイズは、ユーザーが言語を選択し、ライセンスを受け入れるのを待って停止します。

そこで、モジュール vmware_guest で windows 2016 の SID を変更することはできますか?

カスタマイゼーションには多くのパラメータがありますが、SIDを変更するパラメータはありません。

 

自動化を検討するにあたり、どこまでAnsibleで操作できるかということですが、モジュールを使ってSysprepするのは難しそうです。

 

テンプレートをSysprepするか、OSのカスタマイズ(その設定を持つWindows VMをSysprepする)を使用すると、Windows VMは新しいSIDを生成します。

もしあなたのVMEULAの受け入れを待っているのであれば、完全なsysprep unattended.xmlファイルを提供していないと思われます。

 

 

テンプレートの仮想マシンで、応答ファイルを使用してSysprepを実行しておくと、OSの展開からゲストOSの設定まで自動化できそうです。

 

これはAnsibleに限ったことではありません。OOBEをスキップするためには、sysprepを行う際にunattendファイルを使用する必要があります。SysprepはSIDをリセットします。

 

最終回答です。

 

いいえ、私も同じ問題を抱えています。しかし、vmware_guestモジュールがこの問題を回避するためのパラメータを設定できることを期待しています。

私のテンプレートでは、ドメイン参加を実行しませんが、vmware_guestでは実行します。

私のテンプレートは空で、vmwareツールとOSだけをインストールし、設定はしていません。私はプレイブックですべてを行うことを好みます。

 

最終的にPlaybookですべて自動化できるようになるといいですが、今のところは方法がなさそうです。

 

Ansible構築・運用ガイドブック インフラ自動化のための現場のノウハウ (Compass Books)