ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Windows10 カメラエラーコード0xA00F4294が出た場合の切り分け方法

Windows10でカメラエラーコード0xA00F4294が出た場合の切り分け方法についての情報です。

 

以下は情報元です。

Windows 10 Camera error code 0xA00F4294 - Microsoft Community

 

プライバシー設定を確認する

 

最近Windows10を更新した場合は、カメラの使用をアプリに許可する必要がある場合があります。これは、Windows 10の新しいバージョンでは、一部のアプリがデフォルトでカメラにアクセスできないためです。

 

アプリがカメラにアクセスできるようにするには、[スタート]ボタンを選択し、[設定]> [プライバシー]> [カメラ]を選択します。次に、[アプリにカメラへのアクセスを許可する]をオンにします。

 

カメラへのアクセスを許可した後、[カメラにアクセスできるアプリを選択してください]でカメラにアクセスできるアプリを選択できます。


ウイルス対策ソフトウェアを確認する

ウイルス対策アプリで、アクセスのブロックまたはWebカメラの使用許可に関連する設定を探します。ヘルプが必要な場合は、ウイルス対策ソフトウェア会社のWebサイトにアクセスしてください。

 


古いウェブカメラドライバーを確認してください

[スタート]ボタンを選択し、「デバイスマネージャー」と入力して、検索結果から[デバイスマネージャー]を選択します。


イメージングデバイスまたはサウンド、ビデオ、およびゲームコントローラーの下でWebカメラを見つけます。

 

Webカメラの名前を押し続けて(または右クリックして)、[プロパティ]を選択します。[ドライバー]タブを選択し、[ドライバーの詳細]ボタンを選択して、stream.sysを含むファイル名を探します。そこにある場合、WebカメラWindows 7より前に設計されているため、新しいWebカメラと交換する必要があります。


stream.sysを含むファイル名が見つからない場合は、Webカメラドライバーをロールバックしてみてください。

 

Webカメラドライバーをロールバックする

バイスマネージャーで、Webカメラを 長押し(または右クリック)して、[プロパティ]を選択します。


[ドライバー]タブを選択し、[ドライバーのロールバック]を選択して、[はい]を選択します。(一部のドライバーはロールバックオプションを提供しないことに注意してください。)

ロールバックが完了したら、PCを再起動してから、カメラアプリをもう一度開いてみてください。ロールバックが機能しなかった、または利用できない場合は、Webカメラドライバーをアンインストールして、ハードウェアの変更をスキャンします。

 

Webカメラドライバーをアンインストールし、ハードウェアの変更をスキャンします

 

バイスマネージャーで、Webカメラを 長押し(または右クリック)して、[プロパティ]を選択します。
[ドライバー]タブを選択し、[アンインストール]> [このデバイスのドライバーソフトウェアを削除する]を選択して、[OK]を選択します。
バイスマネージャの[アクション]メニューで、[ハードウェアの変更をスキャンする]を選択します。更新されたドライバーをスキャンして再インストールするのを待ち、PCを再起動してから、カメラアプリをもう一度開いてみてください。


それでもWebカメラが機能しない場合は、Webカメラの製造元のWebサイトでヘルプを探してみてください。

 

Windows10 カメラエラーコード0xA00F4294が出た場合の切り分け方法として参考になると思います。