ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Sysprep時に検出されないデバイスのプラグアンドプレイ情報を残すDoNotCleanUpNonPresentDevices

Sysprep時に検出されないデバイスのプラグアンドプレイ情報を残すDoNotCleanUpNonPresentDevicesに関する情報です。

 

情報元はこちら。

DoNotCleanUpNonPresentDevices | Microsoft Docs

 

情報の抜粋です。

 

この DoNotCleanUpNonPresentDevices 設定は、次の specialize 中に対象コンピューターで検出されないデバイスのプラグアンドプレイ情報をコンピューターに残しておく必要があるかどうかを指定します。この DoNotCleanUpNonPresentDevices 設定は、次の specialize 中に対象コンピューターで検出されないデバイスのプラグアンドプレイ情報をコンピューターに残しておく必要があるかどうかを指定します。


この設定は、物理的なオン/オフスイッチを持つデバイスに便利です。 物理的なオン/オフスイッチがオフになっていると、 一般化 または specialize 構成パスでデバイス情報が削除されることがあります。 ただし、両方の Persistalldeviceinstalls インストール DoNotCleanUpNonPresentDevices され、 true に設定されている場合、デバイス情報はコンピューターに残ります。

 

この一覧では、プラグアンドプレイ情報をコンピューターに残しておき、削除するのか、または削除した後に再初期化するのかを判断するために Windows セットアップ使用するプロセスについて説明します。

 

 

●Persistalldeviceinstalls インストールが true に設定されている場合、 一般化 構成パス中に、プラグアンドプレイデバイス情報はコンピューターに残ります。

次の specialize 構成パスでは、次のようになります。

検出されたすべてのプラグアンドプレイデバイスが再インストールされます。

検出されなかったプラグアンドプレイデバイスの場合:

・DoNotCleanUpNonPresentDevicesが true に設定されている場合、デバイス情報はコンピューターに残ります。
・DoNotCleanUpNonPresentDevicesが false に設定されている場合、デバイス情報はコンピューターから削除されます。

 

●Persistalldeviceinstalls インストールが false に設定されている場合、 一般化 構成パスの実行中に、プラグアンドプレイデバイス情報がコンピューターから削除されます。

次の specialize 構成パスでは、次のようになります。

・検出されたすべてのプラグアンドプレイデバイスが再インストールされます。
・検出されなかったプラグアンドプレイデバイスは、アンインストールされたままになります。 この DoNotCleanUpNonPresentDevices 設定は効果がありません。

 

警告
この設定を使用する DoNotCleanUpNonPresentDevices と、デバイスの状態が不必要に記憶され、起動時間が長くなる可能性があります。 Windows イメージをキャプチャするときのドライバー構成の管理の詳細については、 Microsoft の Web サイトを参照してください。

Maintain Driver Configurations When Capturing a Windows Image | Microsoft Docs

 



True

次の specialize 構成パス中にを指定します。

検出されなかったプラグアンドプレイデバイスは、インストールされたままになります。

 

false

次の specialize 構成パス中にを指定します。

検出されなかったプラグアンドプレイデバイスは、コンピューターから削除されます。

これが既定値です。

 

有効な構成パス
generalize


この設定は、 一般化 構成パスで指定されていますが、次の specialize 構成パスの動作を制御します。