ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

企業のWindows Defender導入の課題は管理 端末側の定義ファイルのバージョンは把握できない?

最近、youtubeの動画などでも、自宅のパソコンにはWindows Defenderが入っているので、わざわざセキュリティソフト、アンチウイルスソフトを買う必要はないという人がいますが、確かにマルウェアだけの感染防止だとそうですが、それ以外の機能を使いたい場合は、購入したほうがいいケースもあります。

 

なぜお金を出してまで買うかというのは意味がありますので、Defenderを推すだけの動画はどうかとは思いますが、どちらかがいいかは自分で検討したらいいと思います。

 

ただ、企業のWindows Defender導入の課題は管理になるのではないかと思います。 端末側の定義ファイルのバージョンは把握できないかもしれません。

 

なにを危惧するかというと、サーバー管理でいないと正しく定義ファイルが更新されているかどうかを把握できないので、リスクがあるかもしれません。

 

 

情報元はこちら。

PowershellでのWindows Defender最新バージョン確認方法

 

以下は質問内容の抜粋です。

 

やりたい事としては、端末側の定義ファイルのバージョンと、公開されている最新版の定義ファイルのバージョンが一致しているか?を確認するスクリプトを作成しようとしておりまして

そのため公開されている最新版の定義ファイルのバージョンをコマンドで確認する方法を知りたいのです。

コマンド実行後、最新バージョンはxxxxxですといったような結果が返ってくるイメージです。

 

トレンドマイクロなどの製品であれば管理サーバ側でいっかつ管理できますからね。

 

ご返信ありがとうございます。

そもそも最新版の定義ファイルのバージョンをコマンドで確認するのは不可ってことですかね。。。

スクリプトをタスクスケジューラで動かして、定期的に最新版かどうかを確認する形にしたかったのですが。。。

 

Defenderはいいですが、あくまで個人利用までかなと思っています。