ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

火にかけた土鍋ご飯と同じ味に炊き上げる 電気土鍋炊飯器 かまどさん電気 501704

最近、日本人に生まれてよかったと思うのは、 日本食が健康的ということでしょうか。アメリカの食事とか見ていると完全に美容や健康によくないですが、日本食はヘルシーですし、健康的なものが多いですよね。

 

最近は年齢を重ねてきてから、よけいに感じるようになりました。

 

健康志向が高いハリウッドセレブや、プロテニス選手のノバク・ジョコビッチ選手の食習慣としてその名が広まったグルテンフリーですが、これまで何も考えずにラーメンばかり食べていました。

 

しかし、小麦が体に炎症をもたらすというのを聞いて、最近は小麦を使った料理より、ごはんをよく食べるようになりました。

 

お米もこだわっていて、ゆめぴりかを食べていますが、炊き立てはほんとうに甘くて美味しいです。

 

先日、久しぶりに炊き立てのお米を食べましたが、美味しくてちょっと感動しました。お米が美味しいと食事もすすみます。

 

お米の味にこだわる方に、火にかけた土鍋ご飯と同じ味に炊き上げる 電気土鍋炊飯器 かまどさん電気 501704がおすすめです。

 

キッチン 家電 調理家電 キッチン家電 炊飯器 電気土鍋炊飯器 かまどさん電気 501704

 

f:id:merrywhite:20210604055202j:plain

 

あの「かまどさん」の土鍋ごはんがスイッチ1つで自分好みに!米好き絶賛の横綱級のおいしさがグンと身近に。お値段が下がってお買い求めやすく!
【中物配送】※Amazon店では有料開梱/組立サービスを取り扱っておりません。商品説明文内に「有料開梱/組立サービス」をお勧めする旨の表示があってもお受けできません。また、Amazon店では島しょ部へのお届け自体をお受けしておりませんが、沖縄本島ではご利用いただけます。あらかじめご了承ください。

 

「炊き上がり後、内釜ごと食卓へ。」
「「玄米」「おこげ」のメニューも搭載。 炊飯メニューの選択はタッチパネルでカンタン。「白米」「玄米」「おかゆ」に加えて香ばしい焼き色をつける「おこげ」も選べます。」

f:id:merrywhite:20210604055348j:plain

「「土鍋ご飯のおいしさをたくさんの人に知ってほしい。」内釜は「かまどさん」の長谷園製。 180年の歴史を誇る窯元「長谷園」。伊賀焼の伝統と職人の技術を継承しつつ、常に時代を見据えたものづくりをしています。」

 

「シーズヒーターで直火のように鍋を温める 鍋内部の温度コントロールは、熱源を感知するセンサー受光部を鍋底に小さく埋め込むことで、「かまどさん」の構造や機能をそのまま電気化することに成功しました。」

 

「「はじめちょろちょろ、中ぱっぱ、赤子泣いてもふた取るな」という理想的な炊飯の温度推移(ゆっくりと温度が上がり、一度上がると冷めにくい)を、その肉厚な構造で実現します。」

 

「木製のおひつのように土がご飯の余分な水分を吸い、逆に時間が経ってご木製のおひつのように土がご飯の余分な水分飯が冷めてくると水分を返してくれます。このように土鍋が“呼吸”しているので、時間の経過にかかわらず、艶のある冷めてもおいしいご飯を楽しめるのです。」

 

「もともと「かまどさん」はほかの土鍋と比べて肉厚に成型されており、熱伝導が緩やかになり“熱しにくく、冷めにくい”土鍋になります。日本人の憧れである“かまど炊き”の温度推移の再現にとても適しており、「かまどさん電気」の土鍋にもその良さは引き継がれています。」 

 

 続いて、実際に利用した方のレビューです。

 

この商品を使ってもう2、3年になりますが、米が立っていてホントに美味しいです。米の甘味を感じやすく、実家では普通の炊飯器を使用してるのですが、その米と食べ比べても、こちらの商品の味の違いを知ってしまったら、密かに『釜のタイプからはもう逃れられなさそうだな』と感じているところです。
保温ができないのは残念ですが、冷えても美味しいので我慢してます。保温機を買って両用してみた事もありますが、冷めても美味しいし保温機を使うと乾燥して行くので、結局使わなくなり捨てました。余ったら冷凍し、食べる時に温めてます。

釜のタイプにハマったばかりなので、ガスコンロで釜でご飯を炊くタイプをいろいろご存知の方へのアドバイスはできませんが、、、。
私はこちらの商品は良かったです。大切に使います。

 

お米の味にこだわるなら、やっぱり食べきりが一番ですね。

 

キッチン 家電 調理家電 キッチン家電 炊飯器 電気土鍋炊飯器 かまどさん電気 501704

■サイズ:幅30・奥行30・高さ26.1cm、土鍋…26×26×16.7cm
■重さ:約7.6kg
■容量:0.54L
■素材:ABS樹脂、ポリプロピレン、陶器他
■消費電力:1、300W
■コード長さ:約1.8m
■4種類の炊飯モード:白米・玄米・おかゆ・おこげ
■炊飯容量:0.5~3合
■炊飯時間目安:白米約60分(蒸らし込み)・玄米約90分・おかゆ約65分
■予約最大13時間
■土鍋乾燥機能付き
■保温機能なし
■米カップ・水カップ・しゃもじ・しゃもじスタンド・鍋敷き・手ぬぐい・レシピブック(78レシピ)付き
■土鍋は直火不可
■日本製
■2019年年間保存版の価格87,780円より値下になりました。
■家電製品は、ご使用前に必ず取扱い説明書をよくお読みください。なお、通電後のお客様理由による交換・返品はお受けできませんので、ご了承ください。
内釜に約400万年前の土から作られた伊賀・長谷園の土鍋を使用した画期的な電気炊飯器が新登場。直火と同じ輻射熱で火加減の極意を再現したシーズヒーターが、手間なく、幸福なごはんを炊き上げます。

80万台販売した、長谷園のごはん鍋「かまどさん」。その土鍋を内鍋に採用。直火のおいしさを再現するため、IHによる伝導熱でなく、直火と同じ輻射熱であるシーズヒーターを採用しました。

開発に4年、試作500個、米3トンを使った、長谷園とメーカーの共同開発。伝統工芸と家電技術が融合した「かまどさん電気」。ガスでもなく、IHでもなくシーズヒーターを用いて土鍋をそのまま熱し、火にかけた土鍋ご飯と同じ味に炊き上げる、土鍋炊飯器。

土鍋そのものの形を活かした造形や、無駄のない直感操作を実現した曲面タッチパネル。ワンタッチで土鍋で炊いたご飯を味わえます。前回価格税込み87,780円から59,800円に2019年年間保存版の価格より。なんと!27,980円もお安くなりました!!