ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

VMware Horizon View ADAM データベース、ADSIエディタへの接続方法

VMware Horizon View ADAM データベース、ADSIエディタへの接続方法に関する情報です。

 

情報元はこちらのKBです。

 

View ADAM データベースへの接続 (2012377)

https://kb.vmware.com/s/article/2012377?lang=ja

 

注:手順を開始する前に、必ず ADAM データベースの完全バックアップを取るようにしてください。詳細については、「Performing an end-to-end backup and restore for View Manager (1008046)」を参照してください。

 

https://kb.vmware.com/s/article/1008046

 

Windows Server 2003
View ADAM データベースに接続するには:

1. いずれかの View 接続サーバにドメイン管理者としてログインします。
2. [スタート] > [プログラム] > [ADAM] > [ADAM ADSI エディタ] をクリックします。
3. コンソール ウィンドウで、[ADAM ADSI エディタ] を右クリックし、[接続先] をクリックします。
4. [接続名] に、「View ADAM Database」と入力します。
5. [サーバ名] で、[localhost] が選択されていることを確認します。
6. [ポート] で、「389」 が入力されていることを確認します。
7. [次のノードに接続する] で、[識別名 (DN) または名前付けコンテキスト] を選択します。
8. [識別名 (DN) または名前付けコンテキスト] のフィールドに、次のように入力します。

dc=vdi,dc=vmware,dc=int

9. [OK] をクリックします。
10. [View ADAM データベース [localhost:389]] をクリックしてデプロイします。
11. [DC=vdi,dc=vmware,dc=int] をクリックしてデプロイします。

 

 

Windows Server 2008
View ADAM データベースに接続するには:

1. いずれかの View 接続サーバにドメイン管理者としてログインします。
2. [開始] > [管理ツール] > [ADSI エディタ] をクリックします。
3. コンソール ウィンドウで、[ADSI エディタ] を右クリックし、[接続先] をクリックします。
4. [名前] フィールドに、次のように入力します。

View ADAM データベース

5. [識別名または名前付けコンテキストを選択または入力する] を選択します。
6. [識別名または名前付けコンテキストを選択または入力する] の下のフィールドに、次のように入力します。

dc=vdi,dc=vmware,dc=int

7. [ドメインまたはサーバを選択または入力する] を選択します。
8. [ドメインまたはサーバを選択または入力する] の下のフィールドに、次のように入力します。

localhost:389

9. [OK] をクリックします。
10. [View ADAM データベース [localhost:389]] をクリックしてデプロイします。
11. [DC=vdi,dc=vmware,dc=int] をクリックしてデプロイします。
注:dc=vdi,dc=vmware,dc=int を使用して接続できないときは、dc=vdi;dc=vmware;dc=int を試してください。