ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Windows10 WHEA エラー修正コード (ECC) メモリの予測エラー分析 (PFA) のサポート

 Windows10は、WHEA エラー修正コード (ECC) メモリの予測エラー分析 (PFA) のサポートしていて、メモリなどに問題が発生する前に予防交換などができます。

 

最近は予兆検知などの機能がでていますが、実際に問題が発生する前に、故障の兆候を把握することで、問題が発生する前に対処ができます。

 

WHEA によって実行される PFA - Windows drivers | Microsoft Docs

 

tちなみに、Windows 7 以降から、Windows ハードウェアエラアーキテクチャ (WHEA) は、エラー修正コード (ECC) メモリの予測エラー分析 (PFA) をサポートしているそうです。

 

 

ECC メモリエラーが発生すると、WHEA は次の手順を実行します。

1. 低レベルのハードウェアエラーハンドラー (LLHEH) には、メモリエラー状態の有無が通知されます。

2. LLHEH は、エラーソースからメモリエラー情報を取得し、エラーデータを使用してハードウェアエラーパケットを入力します。 このパケットは、 WHEA _ エラー _ パケット 構造として書式設定されます。

3. LLHEH は、プラットフォーム固有のハードウェアエラー情報を取得するために、を呼び出します。 がインストールされていて、エラーに関する情報を取得するように登録されている場合は、LLHEH に返されるエラー情報をプラグインが変更できるように、pshed プラグインが呼び出されます。

4. LLHEH は、Windows オペレーティングシステムカーネルを呼び出して、エラーパケットを渡します。

5. Windows カーネルは エラーレコード を作成し、LLHEH から受信したエラーパケットの情報を追加します。 さらに、Windows カーネルによって、エラーに関する他の情報 (エラーソース、エラーの重大度、エラーが発生した回数など) がエラーレコードに追加されます。

6. Windows カーネルは、エラーレコードにセクションを追加できるようにするために、を呼び出します。

7. エラーに関する情報を取得するために登録されているプラグインがインストールされている場合は、プラグインがエラーレコードの情報を変更できるように、pshed プラグインが呼び出されます。

メモ Pshed プラグインが pshed を実行していない場合、 whea _ エラー _ パケット構造の whea _ エラー _ パケット _ フラグメンバーで PlatformPfaControl ビットを設定することはできません。

8. PFA が有効になっている場合、WHEA は [ECC メモリ] ページで PFA を実行します。 このプロセスの詳細については、「 WHEA が ECC メモリで PFA を実行する方法」を参照してください。

9. Windows カーネルは ETW イベントを生成し、エラー情報をシステムイベントログに記録します。

 

イベントログを通じて状態を確認でいます。