ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Windows8.1のKB2919355 アップデート1 インストールした後の黒い画面

Windows8.1のKB2919355 アップデート1 インストールした後の黒い画面が表示される事象があるようです。

 

情報元はこちら

Black screen after installing Windows 8.1 update 1 - Microsoft Community

 

以下は質問内容の抜粋です。

 

今日、Windows 8.1アップデート1(KB 2919355)をインストールしようとしましたが、コンピューターが起動できない状態になりました(セーフモードで起動することすらできません)。Windowsのロゴと円が表示され、その後、カーソルとWi-Fiインジケーターが定期的に表示される黒い画面に表示されます。システムの復元ポイントが作成されたと思いましたが、作成されませんでした。

 

なんとか起動して回復しましたが、そこからスタートアップ修復とsfc / scannowを実行しようとしましたが、まったく運がありませんでした。クリーンインストールを実行したくないのは、約3週間前に実行したばかりで、最近すべてが元に戻ったためです。コンピューターは、Windows 7からアップグレードされたため、元々Windows8には付属していませんでした。

 

間違いなくKBのインストールによる影響でしょうね。

 

 

同様の問題が発生している方もいるようです。

 

アップデートでも同じ問題が発生します。システムの復元ポイントは作成されませんでした。私は古いものを持っていて幸運でした。何度か試しましたが、カーソルが黒い画面のままです(セーフモードでも同じです)。

私はMSIの最新のチップセットドライバー、GTX770用の最新のGeForceドライバーを持っていますが、基本的に他のすべては最新です。(BIOSを更新しましたが、それも役に立ちませんでした)。

編集:これはデスクトップコンピューターであり、システムはSSDで実行されています。

 

そして、回答内容の抜粋です。

 

はい、アップデート1を使用して8.1を再インストールする必要がありました。

他のすべてを再インストールし、すべてのファイルも失う必要があったのは面倒です。

スムーズに更新できないのは残念です。

 

チェックディスクで回避できたという情報もありましたが、再インストールってかなり面倒ですよね。