ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

古いPCのWindows10を20H2へアップデートでエラーKMODE_EXCEPTION_NOT_HANDLED ブルースクリーン

古いPCのWindows10を20H2へアップデートでエラーKMODE_EXCEPTION_NOT_HANDLED ブルースクリーンがでることがあるようです。

 

古いパソコンをアップデートして使い続けている場合は、買い替えも意識したほうがよさそうです。

 

もう7年以上前に購入したノートパソコンですが、Windows7からアップデートして使い続けていますが、色々と使えないものが多くてもうほぼ使っていないですが、そろそろ廃棄を考えています。

 

そして、情報元はこちら。

【Windows 10 Version 20H2】の不具合 - マイクロソフト コミュニティ

 

以下は質問内容の抜粋です。

 

バージョン1909(OSビルド18363.1500)から【Windows 10 Version 20H2】に更新するとブルースクリーンになり、エラーコード【KMODE_EXCEPTION_NOT_HANDLED】だけが表示されます。

頻繁に発生する為、困っています。

修正パッチ等は存在しますか?

 

 

クリーンインストールをしても同じ症状になるとありますね。

 

KMODE_EXCEPTION_NOT_HANDLEDはカーネルモードで動作しているデバイスドライバの類が、異常終了している結果として、割り込みや例外を処理する処理がいなくなってしまったことが原因です。基本的にはデバイスドライバの不具合になります。

1) サードパーティのセキュリティソフトウェアをインストールしているならアンインストールする。

 特に古いものはダメです。少なくとも最新版にアップデートしてください。

2) デバイスドライバをアップデートしたり再インストールする。

 

上記のようにありますが、正直、なんとか使えるようにするよりは、買い替えたほうが圧倒的に楽ですし、またアップデートがある度に、リスクがあるので、やはり、ハードウェアのことを考えて、5年~を超えるようなものは買い替えてデータを移行するなりしたほうがいいでしょうね。

 

Lenovo ノートパソコン IdeaPad Slim 350(14.0型FHD Ryzen7 8GBメモリ 256GB )